10月に発覚した神戸市の教員間いじめ・暴行事件。加害者とされる教員たちの実名はもちろん、住所や家族の名前、職業などがネットで晒されている。個人情報を安易にネット上に書き込んでしまうネットユーザーたちが増えているからだ。しかし、こうした行動の多くは、法律的には「アウト」である。(フリージャーナリスト 秋山謙一郎)

加害者宅を張り込み
個人情報をスッパ抜く

記者会見する神戸市立東須磨小学校の仁王美貴校長(右端)ら
記者会見する神戸市立東須磨小学校の仁王美貴校長(右端)ら Photo:JIJI

 今年10月、「神戸市教員間いじめ・暴行事件」の表面化から約1カ月あまりの間、TwitterやFacebookといったSNS(ソーシャルネットワーキングサービス)や、5ちゃんねる掲示板といったインターネット上では、加害者とされる教員に関するあまたの情報が途絶えることなく投稿されていた。

 そこには彼らの実名、顔写真、住所、そして、その家族の名前や職業までもが含まれている。これらはネット上で「特定班」と呼ばれる、何か世間を揺るがせた事件などが起こったとき、その当事者の経歴などをつぶさに調べ上げて、ネット上に“晒す”ことを得意とするネットユーザーたちによるものだ。

 事件報道が沈静化した今も、加害者とされる教員の自宅周辺には、「晒すための情報」を得るべくネットユーザーたちが集まっている。筆者は、張り込んでいた20代後半男性に話を聞いた。彼は、「対応の鈍い教育委員会と警察が悪い」としたうえで、加害者とされる教員の実名を伏せて報道を行うマスコミもまた、「だらしない」と嘆く。

「僕たちの役目は、それこそメディアも含めての社会の監視、チェック機能にあります。マスコミは記者クラブのつながりで食っており、教育委員会や警察にモノを言えない。ネットはそんなだらしないマスコミを補完していると自負しています。本当に完全中立な立場です」

 こう語る彼は、「無報酬の言論だからこそ、ゆがみのない真実だ」と胸を張る。彼の取材方法とは、新聞社や放送局、週刊誌といった現場で取材に当たっている記者らと連携を取ることはせず、ひたすらネット上にある情報でのみ、分析、調査するものである。

 彼は、過去にも、兵庫県議公金詐取事件をはじめ、あまたの著名事件を“割って”きたという。完全独自取材だ。そして、その“スクープ”の内容とは、事件の詳報などではなく、事件当事者の学歴や職歴、家族の名前や職業といったプライベートな情報だ。

 もっとも、完全無報酬、趣味で行っていることなので、あくまでも素人。だからこそ、新聞社をはじめとする既存のメディアが報じていないことを「素人の自分」が報じたとき、つまり「素人がプロを負かせた」ときにこそ、大きな喜びがあるのだそうだ。

 これによりネット上で話題が盛り上がる、いわゆる“祭り”状態になったり、話題が途切れそうになったりしたときには、“燃料投下”と呼ばれる新たなネタを書き込むことで、ネット上での話題をリードすることが快感なのだという。