冬でも暖かく快適に過ごせる南西部エリア

台湾最南端のビーチリゾート「墾丁(ケンティン)」に広がる美しいビーチ
台湾最南端のビーチリゾート「墾丁(ケンティン)」に広がる美しいビーチ

 台湾南西部は熱帯性の気候で冬でも暖かく、5月頃からは気温が30℃を超える日も出てきます。観光客の数は比較的少なめで、現地らしさを堪能したいという方におすすめのエリアです。

・高雄(カオシォン)

 台湾南西部最大の都市であり、超高層ビルが建ち並ぶ近代的な町並みと美しい港湾都市としての景観が魅力です。高雄港はアジアの港として重要な位置にあるため、巨大なコンテナ船が行き交うダイナミックな風景が見られます。

 大きな都市らしく多くの観光スポットがありますが、地下鉄(MRT)や市バスのおかげで簡単にアクセスできます。

 高雄の観光スポットといえば、六合國際觀光夜市(リォウホークオジークワングアンイエシー)がおすすめ。18:00頃から深夜まで開店しているフード屋台は、観光客や地元の人々でにぎわいます。高雄は港町らしく新鮮なシーフードを使った料理が豊富です。よりローカルな雰囲気を味わいたい方は瑞豐夜市(ルイフォンイエシー)にも行ってみましょう。

・台南(タイナン)

 台湾で最も古い都市である台南は、2018年時点で人口約189万人と巨大な都市ですが、長い歴史を感じさせる古都の町並みが魅力です。狭い路地裏に個性的なショップが建ち並ぶ様子は、買い物の予定がない方にとっても一見の価値あり。台湾屈指の美食街としても有名です。

 歴史的な史跡や博物館なども多くありますが、個人博物館でありながら多彩な展示と美しい建物に目を奪われる奇美博物館(チーメイボーウーグアン)は台南観光で必ず訪れたいスポットです。

・墾丁(ケンティン)

 台湾の最南端に位置し、随一のリゾート地である墾丁は、海水浴はもちろんサーフィンやダイビングを楽しみたい方に最適な場所です。美しく静かなビーチは見ているだけでも南国気分を味わえます。

 海の美しい墾丁を訪れたら、観光スポットとして台湾最大規模の水族館である國立海洋生物博物館(クオリーハイヤンションウボーウーグアン)ははずせません。台湾の淡水魚、海水魚を展示しており、台湾の自然を知りたい方にも、小さなお子様と観光をする方にもおすすめです。

・恆春(ハンチュン)

 清の時代に築かれた姿をほぼ残して現存するという恆春城を中心に広がる恆春は、台湾南西部における交通の要衝で、墾丁への拠点として訪れる人が多い町です。近年、おしゃれなショップやカフェが増え話題のエリアです。

 のどかな雰囲気に包まれる恆春で見ておきたいスポットは、2008年に台湾で大ヒットした「海角七号 君想う、国境の南」という映画に使われた阿嘉の家。2階部分は撮影されたときのまま残されているため、映画に出てくる情景を楽しむことができます。