伝える!震わす!書く力。01
Photo:jesadaphorn/gettyimages

2020年3月1日(日)まで全12回でお届けする特集「伝える!震わす!書く力。」。実は、学校では誰も教えてくれないが、「書く力」を磨くための原則がある。この原則さえ押さえれば、あなたの「書く力」を飛躍的に伸ばすことができる。

「週刊ダイヤモンド」2019年12月21日号の第1特集を基に再編集。肩書や数字など情報は雑誌掲載時のもの

「書く力」を磨くための3原則
「構造・相手・語感」

「文章」は「料理」に例えると分かりやすい。例えば料理を作るとき、料理のプロが作るような超一流の料理を、一般の人がいきなり作ることは不可能だ。文章においても、夏目漱石や川端康成のような名文をいきなり書くことは難しい。

 では、ビジネス上の文章を書く力はどのように磨けばいいのか? 実は、学校では誰も教えてくれないが、「書く力」を磨くための原則がある。それは、「構造を意識する」「相手を意識する」「語感を意識する」の3つだ。この3原則さえ押さえれば、「書く力」を飛躍的に伸ばすことができる。