このように日常生活で使って、減った分を足していくローリングストックが、防災備蓄の基本です。「どこで保存すればいいのですか?」とよく聞かれますが、用途に合わせてトイレやキッチン、寝室など分散させておくといいでしょう。

 水や食べ物もローリングストックにおすすめです。手前に賞味期限が近いもの、新しく買った物を奥にしまうようにします。6年間備蓄できる高価な水を防災用に買う方も多いですが、普通の水を買って、ローリングストックしておけばいつも新鮮な水を飲むことができます。

 1人暮らしであれば、必要な水は1日3リットルといわれています。そのうち1リットルは生活用水で、減らそうと思えば減らせますが、2リットルは体に取り入れるべきものです。ですから、2.5リットル×10日分あればいいでしょう。その際、500ミリリットルと1リットル、2リットルに分けて備蓄することが大切です。500ミリリットルは出掛けるとき用。1リットルや2リットルは料理に使いましょう。

ペットボトルのキャップ
ペットボトルのキャップに穴をあけたもの。これをペットボトルにはめれば、シャワー代わりにもなる Photo:Diamond

 防災グッズを揃える際に、「物が増えるのがイヤ」という人もたくさんいます。やみくもに買うのではなく、普段から使いながらローリングストックするだけでなく、2つ、3つの組み合わせで代用できるようにするのがポイントです。

 実際に私が防災グッズを揃える際は、なるべく用途が3つ以上あるものを買うようにしています。ペットシーツ以外でいえば、例えばペットボトル。飲料水としてはもちろん、キャップに穴をあければシャワーになるし、そのままソーラーライトに当てればランタンにもなります。もし賞味期限が切れても、その水で体を拭くこともできます。

 普段からこうして物を使いこなす応用力を鍛え、生きる力を身に付けることが防災には大切なのです。