気付かないお金の「タメ期」

 また、加奈子さんは、特に「長男が中学生に上がってから」貯めづらくなったと話す。実は、ここに子育て世帯が考えるべきお金の貯め方、第2のポイントが隠されている。

「子育て中の共働き夫婦には、貯めづらい時期と、貯めやすい時期があります。まず貯めておくべきは、『結婚から産休前までの期間』です。その後産休・育休に入ると、妻の収入が減るので貯めづらい。職場復帰しても時短勤務だったり、保育料がかかったりして、貯蓄できる余裕はほとんどありません。その後、2回目の“タメ期”が来るのが、『子どもが小学生のとき』です」(深田氏)

 特に、公立小学校に通い、中学受験を考えないのであれば、月々の教育費も安く抑えられる。共働き夫婦の場合、妻もフルタイム勤務に復帰し、収入増が見込める時期でもある。

 一方で、子どもが中学生になると、部活動や塾代、教材費などで出費が増えるようになる。その後、高校、大学と進めば、ますます費用がかかることは目に見えている。つまり、先々を考えると、子どもが小学生のうちが「貯蓄のチャンス」なのだ。

 しかしながら、多くの人がこの“タメ期”に気付かず、子どもが中学、高校に上がってから後悔することになる。

「子どもの成長に応じて、いつが貯めづらくて、いつが貯めやすいのか、あらかじめ知っておくだけでも大きな違いが出てくるはずです」(深田氏)

 ただ、お金を貯めるとなっても、小学校から大学までにかかる教育費は、すべて私立だと約2000万円、国公立でも約800万円といわれている。共働きである程度の世帯収入があったとしても、気の遠くなる数字だ。

 深田氏は、お金を貯めるモチベーションのためにもこれらの金額はいったん忘れて、と前置きしてこう話す。

「これらの数値は積算であり、実際には毎月の収入から少しずつ出していくことになります。子どもが高校を卒業するまでに、その後の進路のために『貯めながら使っていく』と考えるのがよいでしょう。小学校時代の“タメ期”を生かしながらコツコツ貯蓄し、高校卒業時に1人あたり300万円くらい貯まっているのが理想です」

 また、子どもたち本人とも、お金のことと合わせて進路について話す機会を持っておきたい。「自宅から通えない距離の大学に行くのなら、国公立でないと難しい」「下の子もいるから、学費はこれくらいまでの想定」というように、家計の事情をふまえて話しておくことが大切だ。

 足りない学費の分を奨学金で補うのも一つの手だが、貸与型奨学金には条件が緩いものもあり、「借りられるだけ借りられてしまう」ため、注意が必要だ。社会に出ると同時に600万円、700万円といった借金を背負うこともある。奨学金の返済が、今度は子どもたちの将来の家計を圧迫することにもなりかねない。