「変化の時」は
「チャンスの時」でもある

『営業の働き方大全』(大和書房)『営業の働き方大全』(大和書房)、菊原智明著、256ページ

「今すぐすべてを変えてほしい」とは言わないが、1つ1つ徐々に自分を進化させていくべきだ。

 今まで働いていてきた営業のやり方や効率の悪い習慣を引きずったまま、「新しい世界」で活躍することはできない。今までのスタイルを改善していくのではなく、「スクラップ&ビルド」していくのだ。

「変化の時」は「チャンスの時」でもある。「過去にこだわる人」はピンチだが、「この機会に自分を変えたいと思っている人」にとっては、大きなチャンスだということだ。

 ダメ営業マンが新時代にマッチした方法で次々に結果を出し、これまで考えもしなかった報酬と満足感を手に入れることも夢ではない。

 短期間で大逆転が起こるだろう。30歳でも、40歳でも、50歳以上でも、人は変われる。「変わりたい」という気持ちさえあれば、誰にでもチャンスはあるのだ。一夜にして世界が変わってしまう……。今、私たちはそんな時代のターニングポイントにきている。

 この変化の波をうまく乗りこなすか?それとも波にのまれて沈没するのか? あなたの「選択」にかかっている。