Photo:PIXTA

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)の流行により、これまで以上に健康管理に対する意識が高まっています。また、オンライン診療が注目される中、「かかりつけ医」を持つことの重要性も再認識されています。そこで、「どんな症状なら病院に行くべきか」「なぜ、かかりつけ医が必要なのか」など、改めて私たちが知っておきたい医療機関との付き合い方について、話題の新刊「医者と病院をうまく使い倒す34の心得 人生100年時代に自分を守る上手な治療の受け方(KADOKAWA)」の著者で、ブログやツイッターなどを通して科学的根拠(エビデンス)に基づく医療情報を発信し続ける、医師の山本健人さんに聞きました。

体の不調、診療科に迷ったら
近隣クリニックの受診をお勧めする理由

やまもと・たけひと/2010年京都大学医学部卒業後、複数の市中病院勤務を経て、現在、京都大学大学院医学研究科消化管外科。Yahoo!ニュース個人オーサー。時事メディカル、看護roo!などのウェブメディアで連載。主な著書に、「「医者と病院をうまく使い倒す34の心得 人生100年時代に自分を守る上手な治療の受け方」」(KADOKAWA)、「医者が教える正しい病院のかかり方」(幻冬舎新書)など。医師による一般市民公開講座「#SNS医療のカタチ」を定期的に開催。外科専門医、消化器外科専門医、消化器病専門医、がん治療認定医、感染症専門医など。

 高熱がある、めまいがする、手足がしびれるなど、さまざまな症状が表れたときに「医師に診てもらうべきかどうか」と悩む方は多いのではないでしょうか。どのような場合に医療機関に足を運ぶべきか――。実は医師にとって、これは最も答えにくい質問です。なぜなら、症状の感じ方は患者さんによって個人差が大きく、受診のタイミングを一律に説明するのが極めて難しいためです。

 ただ、一つの目安として提案できる基準があります。それは、これまで経験したことのない「強さ」や「種類」の症状が発生したときです。逆に、これまで何度も経験したことのある症状であれば、急いで受診すべきだとは断言できません。

 では、「医師の診察を受ける」と決めた際、みなさんはどの医療機関に足を運びますか?

 耳鼻咽喉科、整形外科など、さまざまな「診療科」がありますが、目に問題があれば眼科、子どもであれば小児科など、判断しやすい診療科であれば問題はないでしょう。頭痛もあるが背中に痛みも感じるので「どの科にかかったらよいか分からない」と迷った場合にお勧めなのは、近隣にある内科の「診療所」(クリニック)です。