台湾,台南
路地散策が楽しいノスタルジック・タウン

海外旅行ガイドブックの決定版『地球の歩き方』から、台湾・「台南」の歩き方を紹介します。1年を通して温暖で、台湾屈指の美食タウンとして知られている台南。約1000軒の廟や旧跡が点在し、縁結びのパワースポットとしても有名です。歴史的建造物をリノベーションしたおしゃれなショップやゲストハウスも急増中。古いタイルや鉄格子をあしらった昔ながらの住宅が多く、冒険心をくすぐります。中心部から少し足を延ばせば、マンゴーのふるさと玉井(ユィジン)や台湾最古の塩田・井仔〓瓦盤鹽田(ジンズージャオワーパンヤンティエン 〓は脚の異体字)なども。新幹線を使えば台北からの日帰り弾丸旅も可能ですが、できれば1泊以上宿泊してのんびり過ごしましょう。(文/トラベル・キッチン 大西稚恵 写真/上原浩作、竹田武史、大西稚恵、iStock)

【はじめに】
 2020年6月28日現在、観光目的の海外渡航は難しい状況です。『地球の歩き方ニュース&レポート』では、昨今の世界情勢をふまえ観光地情報の発信を抑制してきました。しかし、2020年5月31日で「期間限定の電子書籍読み放題サービス」が終了したこともあり「近い将来に旅したい場所」として、世界の現地観光記事の発信を2020年6月以降、再開することにいたしました。
 世界各地のまだ行ったことのない、あるいは再び訪れたい旅先の詳しい情報を入手して準備をととのえ、新型コロナウイルス禍収束後は、ぜひ旅にお出かけください。安心して旅に出られる日が一日も早く来ることを、心より願っています。

台南エリアの特徴

■場所・概要
 台湾南西部に位置する台南は、人口約188万人の都市。清朝時代は首都だったことから“台湾の京都”と例えられることがあります。昔ながらの町並みが多く残り、台北ではあまり見かけないローカルグルメとの出合いもたくさん。6月から8月頃までは地元産のマンゴーが登場し、台北よりリーズナブルな価格で味わえます。7~10月は台風シーズンなので注意しましょう。