思わず誰かに話したくなる鉄道なるほど雑学
都営新宿線直通の京王線 Photo:PIXTA

鉄道アナリスト・川島令三氏の新刊書『思わず誰かに話したくなる鉄道なるほど雑学』の中から、鉄道に関するディープなウンチクをご紹介。今回は、線路のレール幅(軌間)から振り返る、日本の電鉄各社がたどった歩みについての雑学です。

日本のレールの標準軌は
なぜ広くなったのか

 通常の線路は2本のレールと枕木で構成されている。その2本のレールの内側の間隔を軌間(ゲージ)という。

 新幹線が採用している軌間は1435mmである。この幅を「標準軌」という。私鉄を含め、多くの在来線の軌間は1067mmで標準軌より40cmほど狭くなっており、この軌間のことを「狭軌」という。

 在来線のほうが幅が狭いから狭軌というのは納得できるが、新幹線の1435mm軌間をなぜ標準軌というのか疑問が出てくる。

 じつは新幹線が開通する前は、日本では1435mm軌間のことを広軌といい、1067mm軌間を標準軌としていた。国鉄が標準的に採用していたためである。

 広軌は、首都圏では京急や京成、そして地下鉄銀座線・丸ノ内線、都営地下鉄浅草線、箱根登山鉄道小田原(現在は入生田)―強羅間、関西では近鉄の多く、京阪、阪急、阪神、山陽電鉄、大阪高速電軌(大阪メトロ)、名古屋市営地下鉄(東山線、名城線、名港線)、四国の高松琴平電鉄、九州の西鉄などの私鉄、地下鉄が採用していた。他の大部分は、国鉄と同じ1067mmだった。

 しかし、これは日本国内でのことであり、国際的には1435mmが標準軌だった。新幹線が開業する前は広軌という言い方のほかに「国際標準軌」と言うこともあり、これに対応して1067mm軌間を「日本標準軌」という言い方もされていた。