ホテル選びのアドバイス

ホテル,コロナ

編集部:それでは、宿はどうでしょう。衛生管理のプロの視点から、ホテル選びのアドバイスをいただけますか?

嶋田社長:混雑する場所や、歓楽街のホテルは避けたほうが無難です。また、感染の危険があるビュッフェ形式ではなく、オーダー形式の朝食を提供しているホテルがいいと思います。それから、ウイルスは乾燥を好むので、部屋を加湿できるかどうかも大きなポイント! 加湿器が客室に備えられているか、レンタルできるホテルならなおよし、ですね。

編集部:これからの旅は、宿選びの基準もがらりと変わりそうですね! それでは、実際のホテル滞在中にできる衛生管理術を教えていただけますか?

嶋田社長:ロビーにトイレがあるなら、部屋に入る前に手を洗うこと! あとはエレベーターのボタンやドアノブなど、不特定多数の人が触れる場所を触ったら、その都度手を洗うことですね。あっ、今思いつきましたが、日本からラップを持っていって、ドアノブやテレビのリモコンにぐるぐる巻いて使う、なども効果がありそうです。

編集部:ラップなら、どの家庭にもありますもんね! 参考になります。ホテルの場合、館内施設を利用することも多いと思いますが、注意すべきポイントはありますか?

嶋田社長:館内施設とはちょっと違いますが、気をつけたいのがタバコ。最近のホテルはどこも禁煙で、館内の一角に喫煙所が設けられていますよね。朝食のあとや、外出から戻ったとき、手を洗わずに一服して菌が口の中へ……!ということのないよう、愛煙家の方々はご注意を!

編集部:タバコは盲点でした……それこそ日頃からの心がけが大切ですね。

食事や観光は時間帯にも気を配って

コロナ,食事

編集部:さて、旅先ではやはり外食したくなるものですが、お店選びや食事の席で気をつけることはありますか?

嶋田社長:できるなら、食事は屋外で取ったほうが安全です。例えばベンチに並んで座れば、対面を避けて距離を取れますし。カフェやレストランを利用するなら、ピークタイムを避ける、テラス席を選ぶなどの配慮を。

編集部:食事の場では、ひと際注意が必要ですね。では、美術館、博物館など人が集まる屋内施設で気をつけることはありますか?

嶋田社長:屋内施設は、外でのアクティビティに比べて感染リスクが上がります。混雑する曜日や時間帯を避ける、同じ場所に長時間留まらない、誰でも触れる体験展示にはなるべく触らない、こまめに手を洗う、などに注意して楽しみたいですね。