真っ向から対立する
ドイツの哲学者カントの思想

一方、ドイツの哲学者、カントの道徳に関する考え方はヒュームとは対照的です。

カントは善悪の判断がなんらかの感情に基づいている場合、純粋で道徳的な判断ではないと考えました。

人類が従うべき絶対的で純粋な道徳は、理性によってのみ与えられる。私たちの道徳観が思いやりなどの感情に基づくものであるとするヒュームの立場と真っ向からガチンコ勝負です。

そのうえで、私たちの道徳的判断は普遍的なルールから理性的に導かれるものだとカントは主張しました。

これが有名な「定言命法(ていげんめいほう)」です。

「汝の意志の格律が常に同時に普遍的立法の原理として妥当するように行為せよ」

これがその普遍的なルールの一つです。

ご安心ください。

これだけ読んで、わかる人はいないと思います。

このルールを、ざっくりかみ砕くと、

「私たちが行動をするときに、誰もがいつでもどこでも同じように行動してほしいと思えるような仕方で行動しなさい」

となります。

うん? まだわかりにくい。問題ありません!

カントの主張を理解するため、「ものを盗むことが道徳的に悪である」ことをこのルールから論理的に導いてみましょう。

私があなたのものを盗むとします。

そうした行為が成り立つには、あなたがそれを所有していることが前提となります。

しかし、「誰もがいつでもどこでも同じように行動」した場合、どうでしょうか。

みんながみんな、いつでもどこでも盗みをしているとしたら、「所有」という概念自体が成り立たないことになります。

つまり、「ものを盗む」というのはカントの普遍的なルールからして論理的矛盾につながるので、道徳的ではないということになります。

これが私たちの道徳が感情ではなく、理性に基づくというカントの主張のイメージです。

感情か? 理性か?

人間の感情は道徳のルーツたりうるのか? そうでないのか?

ここでは、ヒュームとカントの対比をもとに考えてみました。

西洋哲学を象徴する2大哲学者の対立は、西洋哲学の根底に流れている主要テーマの一つであるといっても過言ではありません。

西洋から始まった近代合理化のもたらした現代社会は、オバマ前大統領がいう「エンパシー負債」を抱えるようになってしまいました。

そこでまた、思いやりやエンパシーが、再度注目されているというねじれも、感情か? 理性か? という論争を繰り返してきた西洋哲学史の移り変わりを映し出しているようにも思えます。