口臭がある

 他人の口臭はもちろん、自分自身の口臭も、とても気になるもの。「お口で気になることは」という問いに、虫歯や歯周病を抑えて「口臭」が第1位であったというアンケート調査結果もあるほどだ。

 慢性鼻炎や喉の炎症など、呼吸器系の疾患が原因となったり、消化器系の病気をはじめとする全身的疾患や、女性のホルモン周期や、臭いの強い食事なども口臭を引き起こすが、口臭の80%以上は、口の中に原因がある。ほとんどが、口内細菌が唾液や血液、上皮の細胞、食べカスなどの含硫アミノ酸を分解・腐敗させることによって起きる臭いだ。

 寝起きや空腹時、また緊張やストレスを感じているときなどは、唾液の分泌量が減って口が渇き、口内細菌が繁殖しやすくなるので口臭が強くなる。舌の表面に付いている白い舌苔も細菌が繁殖しやすく、舌苔が増えると口臭の原因になる。

 口の中の細菌を繁殖させないためには、こまめな歯磨きや水分補給など普段のお手入れはもちろん、セルフケアで防ぎきれないプラーク(歯垢)や歯石など細菌の温床となる汚れは、定期的にプロのクリーニングを受けて除去しよう。細菌感染症である歯周病や虫歯・歯髄炎などの歯科疾患が原因の口臭もある。早期治療が有効だ。

 なお、体調が悪いときや睡眠不足のときなどは免疫力が低下し、口の中の細菌が増えて口臭がきつくなる。生活習慣の見直しや風邪予防を心掛けることは、口臭予防の面からも大切なことである。

かみづらい

 食事の際にかみにくいと感じたり、片方でしかかめない、また口を開けにくかったり、開けると顎が痛む、顎で音がするなどの症状が出たら、かみ合わせの問題や、顎関節症を疑う。

 自分は歯並びがよいからかみ合わせもよいと思うのは間違いで、かみ合わせのずれは、歯や歯茎の状態・上下の歯の当たり方などいろいろな原因で起きる。歯並びがよくてもかみ合わせがよいとは限らないのだ。

 食べ物を十分かめないと胃腸に負担がかかるうえ、かみ合わせや顎関節症は頭痛、肩こり、腰痛のほか、さまざまな不定愁訴を引き起こすこともある。