唐揚げ専門店の魅力は「コストの低さ」
業界転換にも好都合

 なぜ大手飲食チェーンがこぞって唐揚げ専門店を始めるのか。飲食店販促コンサルティングを行う飲食店繁盛会の代表、笠岡はじめ氏は「唐揚げ専門店は参入ハードルが低い上に、利益が出やすい業態だからではないか」と分析する。

 こうした参入ハードルの低さや利益の出やすさを実現しているのが、唐揚げ専門店にかかる「コストの低さ」だ。

「原材料の鶏肉が安価だということや、オペレーションが簡単であることも利点に挙げられます。オペレーションが簡便化されれば人件費が削減できることはもちろん、必要な調理器具が少なくて済むので、開店時にかかる初期費用がかなり抑えられるのです」(笠岡氏)

 唐揚げ専門店は新規参入がしやすく、利益が出やすい。この好条件を成立させる最大の理由が、“唐揚げ”という料理のターゲットの広さだ。

「唐揚げは老若男女に愛される、まさに国民食。適合立地が非常に広いため、出店場所を選ばないのです。さらにコロナ対策や昨年10月からの消費増税のあおりを受けてテークアウト需要が高まっている今は、イートインスペースを持たないテークアウト専門店が歓迎されます。テークアウト専門の店にすれば敷地が狭くても営業できるため、どこにでも店を構えられるのです」(笠岡氏)

 揚げ物に欠かせないフライヤーさえあれば、居抜き物件でも開業ができる。実際、すかいらーくレストランツが展開する「から好し」は、系列ブランドの業態転換、または既存のガストブランドとの複合業態という形で、店舗を拡大させている。すかいらーくグループ広報の北浦麻衣氏は、その意図についてこう話す。

「すかいらーくグループは全国に約3200店舗展開をしていますが、店舗周辺の需要を鑑み、ここ10年ほど、よりニーズに即している店舗への業態転換に取り組んでおります。また、既存の業態を最大限活用した複合業態での出店により、お客様のライフスタイルの変化に迅速に対応し、結果としてグループ全体の売上増を目指しています」(北浦氏)

スーパーやコンビニなどの
顧客を奪う可能性も

 しかし、新規参入がしやすいということは、当然ライバルも多い。唐揚げ専門店が急激に増加することへの課題はないのだろうか。