2020年もあとわずか。コロナ第三波が到来する中、ビジネスパーソンの中でも、リモートワーク大歓迎の「リモート強者」とリモート化になじめない「リモート弱者」に二極化しつつある。
あなたは「リモート強者」か?「リモート弱者」か?
そんな時、心強い味方が現れた。
ITビギナーから「Google最高位パートナー」と呼ばれ、絶大な信頼を得ている平塚知真子氏だ。
平塚氏は、Googleが授与する資格(Google認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。
初の単著『Google式10Xリモート仕事術──あなたはまだホントのGoogleを知らない』が発売たちまち重版。12/18に日経新聞にも掲載された。
「10%改善するより10倍にするほうがカンタン」というGoogle急成長の秘密「10X(テンエックス)」で成果を10倍にする「10X(テンエックス)・10(テン)アプリ」をフルカラーで初公開。
“日本一のマーケッター”の神田昌典氏(マーケティングの世界的権威ECHO賞・国際審査員)が「全部無料! こんな使い方、あったのか」と大絶賛。曽山哲人氏(サイバーエージェント常務執行役員CHO)が「想像以上に知らない機能があった」、三浦崇典氏(天狼院書店店主)が「Google全70アプリのうち10アプリを使いこなして仕事を劇的に変える解説書。リアルよりも成果を上げる術を伝える“リモート強者への指南書」というノウハウとはどんなものか。
では、“リモート弱者”が“リモート強者”になる、誰も教えてくれなかった方法を紹介しよう。

リモートワークを<br />一挙に上達させる<br />無料「3アプリ」はコレ!Photo: Adobe Stock

★質問
 リモートワークが苦手な私。上達の糸口はありませんか?

 リモートワークになって、途端に仕事ができなくなりました。

 声をかけてくれる人がいない、ファイルのありかがわからない。人からの問い合わせ対応で手一杯。

 満員電車に揺られ、出社できた時代に戻りたい気分です。

☆回答
 情報の「収集」「活用」「保管」の3ステップを、Google の無料ツールで始めてみてはいかがですか

 新型コロナウイルスが流行する前、暑くても寒くても雨が降っても、満員電車に揺られ出勤していました。重たいかばんを抱えて、取引先に向かっていましたね。

 これはいったい、何のためだったのでしょうか。

 人と会って、話して、「協働」、コラボレーションするためです。

 たった一人で完結するビジネスはほとんどないですから。

 人と会うことで、情報「収集」して現状を把握し、次の対策を考える。

 その情報を「活用」し、共有・分担・調整しながら、結果を「保管」する。

 つまり、情報の「収集」→「活用」→「保管」という3ステップにより、情報は人から人へと渡され、加工され、解釈されながら、形を変えて流れていきます

 ところがリモートワークになったとき、この3ステップの全工程で困ることが続々出てきました。

 特に悩ましいのが、次の2つです。
 ●オフィスにある「あの書類」が必要なのに手元にない
 ●必要な相手とちょっとした報告・連絡・相談(ホウ・レン・ソウ)ができない

「やはり、オフィスに行って仕事するしかないのかなぁ......」

 つい、そうつぶやいたりしていませんか。

 しかし、それで本当に問題が解決するのでしょうか。

 これは、誰とでもいつでも会える環境では、出てこなかった悩みです。

 でも、今や、オフィスで仕事をするのが常識という時代は終わりを告げました。

 出社組と在宅組が混在したまま、仕事をしている職場も増えています。

 そもそも直接会わなければ、その場所へ出向かなければ、何かができないというのは「隠れていたリスクだった」と誰もが気づき始めています。

 リモートだからこそ、コラボレーションに欠かせない3ステップ「収集」→「活用」→「保管」の流れをクラウドですべて整備し、対面や移動をしなくても、一気に成果を“10倍”にする新しいやり方。

 いったい、どうすればできるのでしょうか。

 会ったときにしか情報交換ができないというのは非常に不便です。

 ひと昔前までは、携帯電話もなかったので、外出時に連絡を取りたくても相手からの連絡を待つしかありませんでした。その前は駅で待合せをしても、改札口の伝言板にメッセージを残すしかありませんでした。

 そう思うと、あっというまに時代が変わりましたね。

 1)必要な情報が、必要なタイミングですぐ手に入る
 2)人から人へ情報が渡る際に、流れが止まらない
 3)「今」の状態と「以前」の状態との変更の経緯が確認できる

 この3つが実現できれば、コラボレーションは今より劇的に速くなります。

 まずは、人から人へ「情報」がリモート環境でも流れる整備をしていきましょう!

 Google アプリ群を使うと、対面せずとも最新情報を集め、会話しながら調整可能になります。

なぜ Google ならできるのでしょうか。

 その理由は極めてシンプル。Google を活用すると、これまでなら「会って情報を得ていた場所」を「100%クラウド」に変更することになるからです。

 クラウドの本質は「共有」です。

 私のおすすめは、Google フォーム 、Google スプレッドシート 、そして Google ドライブ の3つのアプリを掛け合わせて使う方法です。

 このたび、それらを『Google式10Xリモート仕事術』にまとめました。ぜひ本書を活用して具体的なノウハウ身につけてください。