2021年早々、一都三県に緊急事態宣言が発令。コロナ感染者が激増する中、リモートワークの長期化は避けられない情勢だ。ビジネスパーソンも「リモート強者」と「リモート弱者」に二極化しつつある今、あなたは「リモート強者」か? それとも「リモート弱者」か?
そんな時、心強い味方が現れた。
ITビギナーから絶大な信頼を得ている平塚知真子氏だ。
平塚氏は、Googleが授与する資格(Google認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。
初の単著『Google式10Xリモート仕事術──あなたはまだホントのGoogleを知らない』が発売たちまち3刷。日経新聞にも掲載された。
「10%改善するより10倍にするほうがカンタン」というGoogle急成長の秘密「10X(テンエックス)」で成果を10倍にする「10X(テンエックス)・10(テン)アプリ」をフルカラーで初公開。
“日本一のマーケッター”の神田昌典氏(マーケティングの世界的権威ECHO賞・国際審査員)が「全部無料! こんな使い方、あったのか」と大絶賛。曽山哲人氏(サイバーエージェント常務執行役員CHO)が「想像以上に知らない機能があった」、三浦崇典氏(天狼院書店店主)が「Google全70アプリのうち10アプリを使いこなして仕事を劇的に変える解説書。リアルよりも成果を上げる術を伝える“リモート強者”への指南書」というノウハウとはどんなものか。
では、“リモート弱者”が“リモート強者”になる、誰も教えてくれなかった方法を紹介しよう(「リモート効率劇的UP! Google式10X仕事術」動画はこちら)。

三密にならない<br /> Google マップ の使い方Photo: Adobe Stock

質問
 
ショッピングや食事で、お店の混雑時の来店を避ける方法ってありませんか?

 新型コロナウイルスの感染予防に気を遣っています。感染リスクを下げるために、ショッピングや食事などで、混雑している時間帯を避けたいです。何かいい方法はありませんか?

回答
 Google マップ で、お店の混雑状況がわかります。

 Google マップで、行きつけのお店を検索してみてください。

 店舗情報の下に「混雑する時間帯」のグラフが表示されていませんか?

 曜日ごとに、時間帯別の混雑度がわかるようになっているんです。

 スーパーでの買い物や、レストランでの食事。空いている時間をあらかじめ知ることができたら、不要なストレスを感じずにお出かけできますよね。いつも行列のあのお店も、もしかしたら空いている時間帯があるかもしれません!

 この分析は、 Google アカウントで「ロケーションの履歴」を有効にしているユーザーから集計した匿名データをもとに割り出されているのです。

「ロケーションの履歴」ってなあにという方は、 Google アカウントのプライバシー診断をやってみてくださいね。

 こういったユーザーの行動履歴が話題に上ると、必ずといって「プライバシーは守られているのか?!」と懸念される方がいます。

 ご安心ください。Google では、高度な統計手法を使用して、混雑状況データの匿名性を保っています。たとえば、ロケーション履歴データセットに人為的に「ノイズ」を追加して、個人を特定することなく混雑度のインサイトを生成することもできます。

 また、システムが十分な匿名データを得られない場合は、混雑度データは表示されません。場所によっては混雑度が表示されないことがあるのは、これが理由です。

 Google のアプリは、すべて無料です。活用方法を知るだけで、あなたの生活を10倍便利で豊かにしてくれます。

 Google の提供している無料アプリ約70を「10」に厳選して紹介した初の著書『Google式10Xリモート仕事術』を出版しました。

 Google アプリは使っているけど使いこなせてない、という方、知っていれば得ではなく、知らないと大損します。

 ぜひ拙著で、そのヒントを見つけていただけたらと思います。

平塚知真子(Chimako Hiratsuka)
Google 認定トレーナー/イーディーエル株式会社代表取締役
Google が授与する最高位の肩書(Google 認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。数時間でITスキルを劇的に引き上げる指導に定評があり、教育分野において Google から絶大な信頼を得ている。早稲田大学第一文学部(教育学専修)卒。筑波大学大学院教育研究科修了(教育学修士)。筑波大学大学院非常勤講師。アルマ・クリエイション株式会社主催「クロスセクター・リーダーズアワード」2年連続最優秀MVP(2019年、2020年)。常陽銀行主催第3回常陽ビジネスアワード「ウーマノミクス賞」379プラン中第2位(2015年)。出版社勤務を経て専業主婦になるも、学習欲が高じて大学院に進学。在学中に事業欲が高まり、IT教育会社を起業し、現在に至る。「日本に最高のITスキルを伝え、広める」を信条に、教育関連者やビジネスパーソンへ最新のITおよびクラウドスキルを指導中。パソコンやタブレットを四六時中見ているため、月に1回はデジタル断捨離し、温泉をめぐることが趣味。1968年生まれ。夫と1男1女。茨城県つくば市在住。本書が初の単著。