2021年早々、一都三県に緊急事態宣言が発令。コロナ感染者が激増する中、リモートワークの長期化は避けられない情勢だ。ビジネスパーソンも「リモート強者」と「リモート弱者」に二極化しつつある今、あなたは「リモート強者」か? それとも「リモート弱者」か?
そんな時、心強い味方が現れた。
ITビギナーから絶大な信頼を得ている平塚知真子氏だ。
平塚氏は、Googleが授与する資格(Google認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。
初の単著『Google式10Xリモート仕事術──あなたはまだホントのGoogleを知らない』が発売たちまち3刷が決定。日経新聞にも掲載された。
「10%改善するより10倍にするほうがカンタン」というGoogle急成長の秘密「10X(テンエックス)」で成果を10倍にする「10X(テンエックス)・10(テン)アプリ」をフルカラーで初公開。
“日本一のマーケッター”の神田昌典氏(マーケティングの世界的権威ECHO賞・国際審査員)が「全部無料! こんな使い方、あったのか」と大絶賛。曽山哲人氏(サイバーエージェント常務執行役員CHO)が「想像以上に知らない機能があった」、三浦崇典氏(天狼院書店店主)が「Google全70アプリのうち10アプリを使いこなして仕事を劇的に変える解説書。リアルよりも成果を上げる術を伝える“リモート強者”への指南書」というノウハウとはどんなものか。
では、“リモート弱者”が“リモート強者”になる、誰も教えてくれなかった方法を紹介しよう(1/12から6回限定公開「リモート効率劇的UP! Google式10X仕事術」動画はこちら)。

カンタンに差がつく「文字入力」で<br />生産性を10倍アップする方法Photo: Adobe Stock

質問
「いちばん生産性のアップする Google のアプリ」ってどれですか?

 平塚さん、いつも連載楽しく読ませていただいています。どのアプリも、今までになかったような機能や使い方があって、読むたびにワクワクしています。そこで、あえて「地味だけど、いちばん生産性をアップできる Google のアプリ」を挙げるとしたらどれですか?

回答
 地味すぎますが、ズバリ、それは Google 日本語入力です。。

 どのアプリも「マルチアプリ・アルチユース」を心がけると、想定外の生産性劇的向上を実現してくれます。

 でも、「地味」で「ひとり」で使っても、生産性を劇的向上してくれるアプリは? と考えると、「Google 日本語入力」です。

 どんなパソコンの操作でも、文字を入力するという作業は絶対に不可欠。文字入力の効率アップなくして、10Xの実現はあり得ない! とまで言いたいです。ただし、ホントに地味です。

 では、 Google 日本語入力 のどこがすごいのでしょうか。

 ひとつは、 クラウドを最大限に活用した辞書のアップデートです。

 流行語や著名人、お店の名前まで、辞書が定期的にアップデートされるのです。バックグラウンドで更新されるので、最新版を購入したり、ダウンロードを待ったりするストレスはありません。

 私のパソコンでは、ひらがなで「きめつ」と打つと、大ヒット中のアニメ「鬼滅の刃」が候補として表示されます。もちろん、新元号の「令和」も、発表されてしばらくすると変換候補に登場しました。

 次が、変換履歴の学習機能です。よく使うフレーズは記憶されるため、最初の数文字を打つだけで候補の上位に表示されるようになります。

 その結果、ビジネスでよく使う「お世話になります」「よろしくお願いいたします」などのフレーズは、最初の2~3文字を打つだけで入力できるようになります。

 1単語あたりの時短効果はわずかですが、1年あたりの時短効果は、間違いなく「塵も積もれば山」となります。

 次に、あなたの自宅やオフィスの住所の郵便番号7ケタを「305-0051」などとハイフンありで入力してみてください。

 そうです! なんと住所が候補に表示されるのです。

 また、よく使う単語は辞書登録しておくこともできます。

 私は、1文字打つだけで自分のメールアドレスが候補表示されるように登録しています。こうすると、いろいろなアカウントにログインするときなど、とても便利です。

 長い正式名称や顧客の企業名なども、一度辞書登録しておけば、絶対に間違えません。地味ですが、確実に時間を短縮できます。

 Google 日本語入力ですが、すべて無料で使用することができます。

 活用のコツを知り、実際にやってみれば、あなたの生活を生産性を劇的向上し、豊かにしてくれます。

 ところで、「時間を短縮」するのは、そもそもなんのためでしょうか?

 あなたの「本当にやりたいこと」を実現する時間を創出するためだと私は思います。

 時間ができても、ダラダラと仕事してしまっては意味がありません。

 家族との時間をつくる。自分がやりたいことをやる時間に当てるなど、節約できた時間はぜひとも有意義に使ってください。

 そんな Google が提供している無料アプリ約70を「10」に厳選して紹介した本を上梓させていただきました。ぜひ拙著『Google式10Xリモート仕事術』で、そのヒントを見つけてみませんか?

ps.今回、特別動画「リモート効率劇的UP! Google式10X仕事術」をアップしました。ビジネスパーソンに即役立つ内容だけを凝縮しました(6回限定)。できたてほやほやです。ぜひご覧いただけたらと思います。

平塚知真子(Chimako Hiratsuka)
Google 最高位パートナー/イーディーエル株式会社代表取締役
Google が授与する最高位の肩書(Google 認定トレーナー/Google Cloud Partner Specialization Education)を2つ保有する国内唯一の女性トレーナー経営者。数時間でITスキルを劇的に引き上げる指導に定評があり、教育分野において Google から絶大な信頼を得ている。早稲田大学第一文学部(教育学専修)卒。筑波大学大学院教育研究科修了(教育学修士)。筑波大学大学院非常勤講師。アルマ・クリエイション株式会社主催「クロスセクター・リーダーズアワード」2年連続最優秀MVP(2019年、2020年)。常陽銀行主催第3回常陽ビジネスアワード「ウーマノミクス賞」379プラン中第2位(2015年)。出版社勤務を経て専業主婦になるも、学習欲が高じて大学院に進学。在学中に事業欲が高まり、IT教育会社を起業し、現在に至る。「日本に最高のITスキルを伝え、広める」を信条に、教育関連者やビジネスパーソンへ最新のITおよびクラウドスキルを指導中。パソコンやタブレットを四六時中見ているため、月に1回はデジタル断捨離し、温泉をめぐることが趣味。1968年生まれ。夫と1男1女。茨城県つくば市在住。本書が初の単著。