「利子だけ」で暮らせないだろうか

「サラリーマン生活ができない」
「睡眠を最優先させる」

と、人生の優先順位を決めたら、次はゴールだ。

ダラダラと大学生活を続けていた僕は、あることをきっかけに人生を逆算するようになる。

それは、郵便局の定期預金の話を知ったときだった。

当時、3%の利子が付く定期預金があった。

5000万円の貯金があれば、何もしなくても150万円が毎年手に入る

そうなれば、一生ダラダラと過ごせると考えた。

学生時代なんて、ひと月6万円も使わない生活だったから、5000万円を貯めれば、いまと同じ生活が永遠にできると信じた。

「じゃあ、5000万円を貯めるにはどうすればいいだろう?」

そんなことを考えるようになった。人生のゴールが定まり、レールを外れた瞬間だった

ゴールがあると、なんとなくでも向かって行っている方向がハッキリする。絵に描いた餅くらいのほうがちょうどいい。

あまりに具体的すぎる目標よりは、漠然と「こうなっていればいいな」という状態を想像してみる

すると、なんとなくその方向に1つ1つの行動がつながっていくようになる。

「5000万円に向けて、特許を取るようなことで一発当てる必要がある」

頭の片隅にそのことがあるのと、ないのでは、日々の過ごし方が変わってくるのだ。

そして「僕1人だけ」になった

そうやって僕は自分なりのロジックを組み立てて、インターネットにどっぷりの生活に入っていった。

一方で、学生時代の起業仲間は、みんな普通に就職していった。

社長の僕だけが、1人、会社に残った。

僕はまわりに合わせるようなことはしなかった。

自分にとって大事なことは、自分で決めたのだ