「カネ、妬み、怠け」…私が考えた欲望に負けない方法Photo: Adobe Stock

先行きの見えない2021年。これからは「新しいこと」や「人と違ったこと」を考えるスキルが重要になってくる。だが、「考える」といっても、いったい何をどう考えればいいのか?
そんな人に読んでほしいのが、このたび刊行された書籍『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』だ。
著者の藤原麻里菜氏は、「無駄づくり」という異色のコンテンツをネットを中心に展開しており、これまでに何百もの作品を発表、その人気は海外にも波及し、台湾での個展では2万5000人もの観客が殺到、SNS再生数は4000万回にも達する話題の発明家だ。
そんな著者が、これまでに発明を何年も継続してきた中でつかんだ「考えるテクニック」をあますところなく詰め込んだのが本書だ。「何も出てこない……」とうんうんとうなっているなら、本書をパッと開いて、好きなワザを使ってみてほしい。「逆転」「主語変え」「マナー破り」「合体」「似たもの合わせ」……便利に使える思考ワザが満載である。
本稿ではこの『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』から特別に、一部を抜粋・編集して紹介する。

「欲望」に打ち克つのは気分がいい

 本書では、先に7つの大罪の話をしました。4世紀にカトリックの修道士が執筆した『修行論』をもとにした教えで、人間を罪に導いてしまう「傲慢」「強欲」「ねたみ」「怒り」「色欲」「貪食」「怠惰」の7つの想念です。

 これは「大罪」というくらいですから、そもそもは人間が打ち克つべき欲望です。本書ではこの欲望を利用した「札束風呂プロジェクションマッピング」などの作品も紹介しましたが、そんな欲にまみれたアイディアを出して喜んでいる場合ではないのです。

 最近、必要最低限のものしか持たない「ミニマリスト」といわれる人も増えていますが、そうして生活をシンプルにするのも、それはそれでライフスタイルが楽になっていいようです。

 そもそも欲望に打ち克つのは、とても気分がいいものです。

 貪食の対義的な美徳には「節制」があります。ランチに外食ではなくお弁当を持っていったり、喫煙や飲酒の量を控えたりすればちょっとした達成感があります。

 また、怠惰の反対は「勤勉」です。効率的にさまざまなタスクがこなせるように努力している人も多いでしょう。スキマ時間にアプリで英語の勉強をしたり、オーディオブックで本を聞いたり。

 7つの大罪の反対の美徳を意識して、欲望に打ち克つ方法を考えていきましょう。

【「7つの大罪」の反対の美徳】
・傲慢←→謙虚
・強欲←→慈善/寛容
・ねたみ←→感謝/人徳
・怒り←→忍耐
・色欲←→純潔
・貪食←→節制
・怠惰←→勤勉

【考えてみる】自分が感じている欲望に対して打ち克つ方法を考えてみよう。

 わたしの悩みでいうと、お酒を飲みながら通販サイトを見ていると、とくに必要でもないものがほしくなり、クレジットカードで衝動買いをしてしまうことがあります。

 先日は、猿の絵文字のかたちをしたクッションを買ってしまいました。そして、毎月、クレジットカードの請求額を見るのが怖くなります。では、お酒が入っているときは通販ができなくなる仕組みをつくれば、この問題は解決できるのではないでしょうか(下図参照)

「カネ、妬み、怠け」…私が考えた欲望に負けない方法『アルコール検知器付きパソコン』
アルコールが検出されるとロックがかかり、開かないようになる。(『考える術』より)

『考える術』では、こうした「欲望」から考えるワザのほかにも「逆を考える」「情報から考える」「短時間で考える」など、自分らしいアイディアを次々と生み出せる71のワザを紹介しているので、ぜひ参考にしてみてください。

(本原稿は、藤原麻里菜著『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』の内容を抜粋・編集したものです)