「自動筆記」が考える方法として最高なワケPhoto: Adobe Stock

先行きの見えない2021年。これからは「新しいこと」や「人と違ったこと」を考えるスキルが重要になってくる。だが、「考える」といっても、いったい何をどう考えればいいのか?
そんな人に読んでほしいのが、このたび刊行された書籍『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』だ。
著者の藤原麻里菜氏は、「無駄づくり」という異色のコンテンツをネットを中心に展開しており、これまでに何百もの作品を発表、その人気は海外にも波及し、台湾での個展では2万5000人もの観客が殺到、SNS再生数は4000万回にも達する話題の発明家だ。
そんな著者が、これまでに発明を何年も継続してきた中でつかんだ「考えるテクニック」をあますところなく詰め込んだのが本書だ。「何も出てこない……」とうんうんとうなっているなら、本書をパッと開いて、好きなワザを使ってみてほしい。「逆転」「主語変え」「マナー破り」「合体」「似たもの合わせ」……便利に使える思考ワザが満載である。
本稿ではこの『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』から特別に、一部を抜粋・編集して紹介する。

「無意識」を言葉にする

 枠を取り払って自由に思考したい人は、「オートマティスム(自動筆記)」を試してみてください。これはかつてシュルレアリストたちが自意識や倫理にとらわれない作品をつくるために考え出した手法で、何を書くかは決めずに、その場で思いついたことをひたすら猛スピードで書いていくものです。

 コツは、とにかく「高速」で書くこと。

 へこんでいるときの憂鬱やイライラした感情などがスルスルと言葉になっていきます。

 たまに、とても物騒なことを書いてしまうこともあります。

 でも、「もしこの文章が何かの間違いで公開されたら友だちを失うだろうな、大炎上するだろうな」といったことを一切意識せずに書くことで、意外な自分の感情に出合えることがあるのです。

 自分にはあまり感情がないと思っている人も、こうして書いてみると、自分の中には思いのほかいろんな感情が詰まっているということに気づけるはずです。

 もっとも、これはアイディアメモとしては使えません。わたし自身、アイディアを考えるときはこのメモを読み返すことはあまりありません。見返してもぐちゃぐちゃで、そのままアイディアに直結することはほとんどないです。

 わたしはむしろこれを、「感情を素直に言葉にするトレーニング」と捉えています。

 自分は「どんなシチュエーションで、どんなことを感じるのか」を日々意識し続けることで、ふだんなんとなく感じている感情をつかまえやすくなってくるし、他人の感情を想像することも増えるのです。

 そうやって日ごろからいろんな感情を意識していると、「こんなものをつくれば、こういう楽しい感情を再現できるのではないか」「こういう見せ方をすれば、この微妙な感情を伝えられるのではないか」といったアイディアもひらめきやすくなるわけです。

(本原稿は、藤原麻里菜著『考える術──人と違うことが次々ひらめくすごい思考ワザ71』の内容を抜粋・編集したものです)