筋トレに必要な3大栄養素

 ここからは、筋トレをする人にとって必須の栄養素を紹介していく。具体的には、以下の三つがとても重要である。

(1)タンパク質
(2)炭水化物
(3)ビタミン

 それでは、一つずつ見ていこう。

筋トレに必要な3大栄養素
その1 タンパク質

 一つ目の栄養素であるタンパク質は筋肉の主成分となる。これを取らないと効率的に筋肉を付けられない。タンパク質は主に肉・魚・乳製品などに含まれる。

 筋トレを行う人は、3食のおかずとして必ずタンパク質が含まれている食材をテーブルに並べよう。ご飯と肉や魚を一緒に食べることで筋肉を付けるための栄養を補給できる。タンパク質抜きの食事では、どれだけ筋トレを行っても健康的な筋肉は付かない。

 私がおすすめするタンパク質の摂取方法は、プロテインで飲むことだ。なぜならプロテインには良質なタンパク質が含まれている一方で脂質が少ないため、脂肪が付きにくい。プロテインには主に、ホエイプロテインとソイプロテインの2種類があるが、「どのように筋肉を付けたいか」でどちらを飲むのか決めよう。

 ホエイプロテインは、牛乳に含まれるタンパク質からなるプロテイン。ソイプロテインは大豆のタンパク質部分のプロテインである。筋肉を付けて、力を付けていきたいボクサーはホエイプロテインを飲む。一方、減量中のボクサーは満腹感が長持ちするソイプロテインを飲む。

「筋肉を付けて増量したい」のか、「ダイエットしながらも健康的な生活をしたい」のかで選ぼう。

筋トレに必要な3大栄養素
その2 炭水化物

 二つ目に紹介する栄養素である炭水化物は、体を動かすためのエネルギーとなる。炭水化物を抜いた食事をすると、体が元気に動かなくなってしまうのだ。ご飯・パン・麺類などを摂取した方が体が活発に働くようになり、筋トレを行うためのエネルギーが生まれる。