ダメ上司はなぜ存在するのか
写真はイメージです Photo:PIXTA

テレワークが一向に進まない会社も少なくないようです。当然ながら、テレワークは業種や職種によって向き不向きがあるでしょう。とはいえ、緊急事態宣言下でも政府からの7割テレワーク要請は最初から無理だと思って、まったく取り組むつもりがなかった経営者・管理職がいます。一方、なんとか工夫をしながら社員の安全を守り生産性を高める努力をするリーダー!この差は何なのか?考察してみましょう。(カスタマーズ・ファースト株式会社代表取締役・代表講師、産業カウンセラー 片桐あい)

なぜテレワークが
進まないのか?

 今までオフィスで仕事をしていた業務プロセスのままで、場所だけ自宅やサテライトオフィスに物理的に移して仕事をしているだけでは、当然のごとく生産性は落ちます。仕事の連携はしづらいし、テレワークのデメリットであるコミュニケーションのやりにくさだけが強調されます。

 また、上司自身のオンラインコミュニケーションの苦手意識もあるようです。

 例えば、オンライン会議システムで話すのが苦手とか、チャットやクラウドシステムなど多様なツールを使い分けて仕事を進めることへの抵抗感がある上司もいるでしょう。さらに、在宅で仕事をする場合に家族の協力が得られにくいという意見もあります。