一方、UX会議が20年の年末から21年初めにかけてウェブ上で行った397人に対する緊急アンケート「コロナ禍におけるひきこもり・生きづらさについての調査2020」の結果も特別収録されており、その結果も興味深い。同調査によると、「1年前にひきこもりではなかった」203人のうち、雇い止めなどの雇用悪化や、将来の不安が高まるなどの精神状態の悪化によって、「この1年でひきこもりになった」と答えた人は、全体の24.6%の50人に上ることが分かった。

 同調査では、コロナ禍の中における精神状態の変化についても質問している。「現在ひきこもり状態」にある229人のうち、「精神状態が悪くなった」と回答したのは、「どちらかといえば悪くなった」も合わせると63.8%。「現在ひきこもり状態ではない」167人の52.7%と比べると、より深刻な影響を受けていた。

 ステイホームによる家族間の緊張の高まりに加え、仕事がなくなるといった報道により「ひきこもりである自分が仕事に就くのはさらに難しくなるのではないか」という不安感にもつながっていると、UX会議では分析している。

 自由記述には、「話す人がいない」「同じような経験をした人と出会う場がなくなった」などと孤立感や孤独感を深めている声が多かった。UX会議の林共同代表理事は「コロナ禍で、弱い立場に置かれている人がさらなる困難な状況に置かれている」として、コロナが終息したとしても「ひきこもり状態にある人が、さらに厳しい状況になっていくのではないか」と懸念する。

 白書を監修した関水准教授は、「ひきこもりだった人は元々、在宅中心に生活しているので、(責められなくなって)精神状態が良くなった人もいますが、それは一部でした。実際には、少なかった外出頻度がさらに減った人や経済的状況が悪くなった人は、顕著に精神状態も悪化していることがデータで示されています」と説明する。

 同じく監修者の一人である新専任講師は、「ひきこもる人の人数よりも、声の多様さに圧倒されて、分析するのに1年以上かかった。ひきこもりという実像はさまざまな要因も含めて社会の問題であることを皆さんに伝え、新しいコミュニケーションをつくっていくことが今回の白書の最大の意味なのではないか」と話した。

 UX会議は、7月3日(土)午後4時から『ひきこもり白書2021』の出版を記念した無料オンラインイベント「ひきこもりの『再定義』のために」を開催する予定だ。

※この記事や引きこもり問題に関する情報や感想をお持ちの方、また、「こういうきっかけが欲しい」「こういう情報を知りたい」「こんなことを取材してほしい」といったリクエストがあれば、下記までお寄せください。

Otonahiki@gmail.com(送信の際は「@」を半角の「@」に変換してお送りください)

 なお、毎日、当事者の方を中心に数多くのメールを頂いています。本業の合間に返信させて頂くことが難しい状況になっておりますが、メールには全て目を通させて頂いています。また、いきなり記事の感想を書かれる方もいらっしゃるのですが、どの記事を読んでの感想なのか、タイトルも明記してくださると助かります。