ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

ピザ2枚分の価値が、いまや2億円に膨張!
ネット上で密かに流通する「ビットコイン」とは?

瀧口範子 [ジャーナリスト]
【第242回】 2013年4月26日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
4

インターネットは、経済の核心に踏み込んだのか

 先行きはまったくわからない。ただ、すでにビットコインでバカ儲けした人々は続出している。

 数年前、最初にビットコインで支払いが行われたのは、「2枚のピザ」だったという。フロリダに住むそのユーザーは、イギリスにいる男性にビットコインで支払いをし、地元のピザ屋から配達を受けた。「ビットコインで居ながらにしてピザが買えたらおもしろい」と思ったからだ。

 当時その額は円にして数千円相当だったが、今やその価値は2億円にもなっている。採掘を行うハードウェアも、ネット・オークションで価格がつり上げられるなど、ビットコインのまわりには妙な経済圏もでき始めている。

 インターネットは、いよいよ「通貨」という経済の核心に足を踏み入れたのか。政治、経済、テクノロジーの専門家らが、じっとビットコインの動きを見守っている。

previous page
4
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

瀧口範子
[ジャーナリスト]

シリコンバレー在住。著書に『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』(共にTOTO出版)。7月に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか?世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』(プレジデント)を刊行。

ビジネスモデルの破壊者たち

シュンペーターの創造的破壊を地で行く世界の革新企業の最新動向と未来戦略を、シリコンバレー在住のジャーナリストがつぶさに分析します。

「ビジネスモデルの破壊者たち」

⇒バックナンバー一覧