ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

3Dプリンターを使ってみたいクリエイターを
支援するサービスが続々登場!

岡 徳之
2013年7月5日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2

3Dプリンターをはじめ、
最新の工作機械を体験できる講座

 リンカクなどと同様、3Dプリントのものづくりを個人にまで浸透させようとする周辺事業も、いまが勃興期だ。

 東京都歴史文化財団 東京文化発信プロジェクト室と、渋谷にあるデジタルものづくりカフェ「FabCafe」を運営するFabCafe LLPは、3Dプリンターをはじめとする産業用工作機械をクリエイターに使ってもらうための連続講座「Fabスターターズ ガイド」をこの7月から開講する。

 グラフィックデザインやイラストレーション、ファッションなど、様々な分野の「若い才能」と「新しい道具」との組み合わせが、今までに見たことのない新しいモノのつくり方につながるという。

 3Dプリンター関連市場は、全世界で2016年までに31億ドル、2020年までに52億ドルに拡大すると予測されているそうだ(Wohlers Associates調べ)。

 先述のカブク代表である稲田雅彦氏は、さらにその周辺にある日本の雑貨市場(約2.7兆円)、DIY市場(約3.8兆円)もターゲット市場と捉えており、「想定される潜在市場規模はかなり大きい」のだという。

 3Dプリンターというハード、それを使いこなすソフト、その両面から市場をつくり上げようとする動きが着々と進行している。

(岡 徳之/Noriyuki Oka Tokyo & 5時から作家塾(R)

previous page
2
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

岡 徳之


デジライフNAVI

目まぐるしいほどの進化を続けるデジタルの世界。最新の商品やサービスをいち早くキャッチアップし、最先端のトレンドをナビゲーションします。

「デジライフNAVI」

⇒バックナンバー一覧