ダイヤモンド社のビジネス情報サイト

東大発ベンチャーをはじめ、
ロボット関連企業を買いまくるグーグルの狙いとは?

瀧口範子 [ジャーナリスト]
【第277回】 2014年1月8日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
3

 自社のロジスティクスだけでなく、他社のためにサービスを提供する可能性も皆無ではないだろう。製造現場では今、新しいタイプのロボットが求められている。檻に囲まれて働く大型ロボットではなく、中型、小型のロボットが人間と並んでライン製造をするような姿だ。これだけのロボット技術を手中に収めれば、そうしたロボットを開発することも不可能ではない。

 ロボットのOS(基本ソフト)を整備しているのではないかという声もある。何といってもアンドロイドOSを生んだルービンのことだ。同じようなことをロボットの時代にも行おうとしていてもおかしくない。

 事実グーグルは、すでに研究分野で広く用いられているROSというロボットOSとアンドロイドとの互換性を確立しており、アンドロイド端末からロボットを動かすといったことも可能だ。

 そして、そもそもロボット技術を噛み砕いて考えれば、グーグルが使えることは無数にある。グーグルが力を入れている自走車は、基本的にはロボット。ここにさらにダイナミックなセンサー技術などを組み込むこともできる。また、これから離陸する「モノのインターネット化」も、ロボット開発で育まれた技術を用いればモノの可能性はぐっと広がる。(関連記事:「モノのインターネット」がじわじわ生活に浸透している)

 いずれにしても、グーグルが足を踏み入れたことはロボット業界には歓迎すべき一歩。ロボットの新しい時代が必ずや訪れるだろう。

previous page
3
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

瀧口範子
[ジャーナリスト]

シリコンバレー在住。著書に『行動主義: レム・コールハース ドキュメント』『にほんの建築家: 伊東豊雄観察記』(共にTOTO出版)。7月に『なぜシリコンバレーではゴミを分別しないのか?世界一IQが高い町の「壁なし」思考習慣』(プレジデント)を刊行。

ビジネスモデルの破壊者たち

シュンペーターの創造的破壊を地で行く世界の革新企業の最新動向と未来戦略を、シリコンバレー在住のジャーナリストがつぶさに分析します。

「ビジネスモデルの破壊者たち」

⇒バックナンバー一覧