ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

中国勢の台頭と、
急速にコモディティ化するスマートフォン

――モバイル・ワールド・コングレス(MWC)2014レポート【前編】

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第59回】 2014年2月28日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
6

 そしてノキア自身も、そうしたコモディティ化を推し進める一人である。マイクロソフト傘下に入った彼らが、今回のMWC2014でAndroid搭載の端末を発表し、一部で耳目を集めた。しかし会場での彼らの様子を見ると、もはや「そんなことはどうでもいい」というくらい、コモディティとしてのモバイルに、舵を切っているように見えた。

こちらも賑わうノキアのブース Photo by Tatsuya Kurosaka

 実際、ノキアは、WindowsPhoneからフィーチャーフォンに至るまで、様々なラインナップを揃えている。そして共通しているのは、性能ではなくライフスタイルやデザインの提案を、アピールポイントにしているということだ。

 この傾向は、MWC2013あたりから顕著になったが、今年はさらに拍車がかかったようで、ブース内を歩いていても、端末以上に目立っていたのはアプリやアクセサリーだった。全体に何か「吹っ切れた」印象を受けた。

 もちろん、ノキアが「やけくそ」になっている、というわけではないだろう(その可能性もゼロではないが)。おそらくは先進国も含めスマートフォンがコモディティ化していく潮流を見切って、訴求すべき競争優位性の軸足を変えたということなのだろう。そしてその軸足の一つである「デザイン」が見事に表現されている。それが、ノキアから感じた割り切りの良さの源泉でもある。

 コモディティ化には時期尚早では、と思われるかもしれない。しかし気がつけば初代iPhoneが発表されて、今年でもう7年。日本で3Gが本格化してから、いわゆるガラケーが市場を完全に掌握したのも、同じく約7年。日本は残念ながらリーマンショックがあった2008年以降、経済社会が低迷していたが、一定程度の経済成長が存在する世界では、7年あれば世の中が一巡し、次のパラダイムへ進むのだろう。

 では、その新しいパラダイムとは、何なのか。そしてその動きに日本勢はキャッチアップできるのか――紙幅がなくなってしまったので、次回はこのあたりの話を中心に、ザッカーバーグの思惑やMWCコミュニティの反応、またTizenやFirefoxOSなど、第3のOSについて触れたい。なんとか来週半ばの更新を目指して…。

 一点だけ次回予告として、MWC2014の日本勢の状況に触れておくと、今年は「ダメダメ」だったと、私は感じている。少なくとも端末の世界に関しては、勝負あったのかもしれない。

previous page
6
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

クロサカタツヤ
[株式会社 企(くわだて)代表取締役、慶應義塾大学特任准教授]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。16年より慶應大学大学院政策・メディア研究科特任准教授。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧