2.条件を絞り込むことで世界一を目指すアイディアが湧いてくる

 もう一点は、条件を絞りこんでいくことで自分の強みを際立たせていくということです。ギネスブックというのは、1種類の種目や競技で登録が決まるものではありません。

 例えば、「最も長い犬のまつげ」から「1台のピアノを使って演奏した最多人数」などジャンルに制限がありません。ちなみに私の住む千葉県のギネスの1つは「最も大きい煎餅」。これは、印西市で作られた直径1.6mの巨大な手焼きの木下煎餅です。

 さて、伝えたいことは特技や強みを際立たせるということです。先ほどの巨大な木下煎餅は、「煎餅」に焦点をあてて作られています。ここがミソです。直径1.6mという大きさだけなら、山形県で53mの焼き麩が作られています。これが最も大きい「煎餅」だからこそギネス記録になるのです。

 例えば音楽鑑賞という趣味があったとします。割とよく聞く一般的な趣味ですね。しかし、その中で特に好きな80年代の洋楽に関してはイントロを聞いただけで答えられるということであれば、これはもう特技と言ってしまっても良いのではないでしょうか。

 あなた自身の強みも同様です。何でもかんでもできなくていいんです。ただ1つだけ、条件をつけて負けない何かを探してみましょう。

「この年の音楽の知識は誰にも負けない!」
 「カレーを作る時はスパイスからチョイスして作る」
 「困った時に”助けて”とSOSを出したら、すぐに手伝ってくれる友達が100人はいる」

 全て素敵な特技なのではないでしょうか。

 新しく何かを身につけようとする前に、きっとあなたの中にこれまで培った特別なものがあります。それを少しずつでも見つけていければ、今よりもっと応募書類に「色」がついて輝いていくのではないでしょうか。そして更にあなた自身を輝かせてくれる大切な要素となっていくはずです!

 皆さんが、更に素敵な自分に出会えることを心から応援しています!