加賀の文化や芸術を
知っておくこと

 同じ石川県でも旧能登国では様相が異なる。能登の人たちは逆境に強いし、観光客に対してもすこぶる親切である。これは、県の北部にあって日本海の荒波とじかに接し、冬の気候もいっそう厳しいことに関係しそうだ。荒々しさもある反面、働くことの大切さを肌で知っており、その分、人情の機微にも通じているのだろう。加賀と能登の両方を旅すると、「同じ県とは思えない」という人もいるほどだ。

 それでも、観光が主要な資源となっている加賀の人々のホスピタリティは全国的に見てもかなり水準が高い。一度訪れた人は二度、三度と足を運びたくなる。ただし、知的レベルも高そうな加賀の人たちと接するときは、事前に文化・芸術を多少なりともかじっておいたほうがいいかもしれない。

◆石川県データ◆県庁所在地:金沢市/県知事:谷本正憲/人口:117万3994人(2005年10月)/面積:4185km2/製造品出荷額等:2兆4913億円(2005年)/県の木:アテ/郷土の花:クロユリ/県の鳥:イヌワシ/県の魚:ブリ、アマエビほか

データはすべて、記事発表当時のものです

◆富山県の県民性

◆福井県の県民性