「しらうお」と「しろうお」は全然違うのに
それさえ知られていない……

 筆者も考えてみれば「しらうお度」は、非常に低い。おそらく食べるのは年に1、2度。しらうおに遭遇したシーンはどこかと考えると、もちろん家であることは皆無で、寿司屋の軍艦巻きの上にいるシュッとした姿、あるいは、卵とじの中の白くびよーんと長い姿は思い浮かぶものの、肝心のその味を思い出せない。そもそもあとは、どんな食べ方があるんだったっけ……。

 あ! そうそう「しらうおの踊り食い」は福岡で見ました。

「違う違う、それは、しろうお!」と鶴ヶ崎さん。

 し「ら」うおと、し「ろ」うお。「ら」と「ろ」では全然違うシロモノなのだ。

 しらうおについて、これまであまり真剣に思いを巡らせたことがなかったが、世の中には「しらうお」と「しろうお」がいる。

 しらうおは、サケ目シラウオ科シラウオ属。産地は主には東日本。体長は約10cm。しろうおは、スズキ目ハゼ科シロウオ属。こちらの産地は、主に西日本。体長は5cmくらい。一般的に踊り食いされているのはこちらで、しらうおと、しろうおは全然別モノである。しかもあろうことに、どちらも「白魚」と表記することもあり、いたって紛らわしい。

漁獲量日本一なのに誰も知らない <br />青森の秘境・小川原湖の「しらうお」に春が来た!優美な姿のしらうお。ちなみに、尻びれの付け根が下方に突き出しているのがオス

「よーく見てみて」

 鶴ヶ崎さんが獲れたばかりの、しらうおを下敷きの上において、びろーんとのばした。

 上から見る。

「頭がヒュッと、とがってる。これは、しらうおの特徴。しろうおは丸い」。

 横から見る。

「背びれの後ろに脂びれがある。これがしらうお、しろうおにはない」。

 おそらく人生で初めて、まじまじ見つめるしらうおはガラスのペン先のようだ。パッチリした目、クリスタルのような輝きで、細長い身体は尾びれの前でくびれ、すらっとした美しいフォルム。上から見ても横から見ても美しい。

 やはり「美人のしなやかな指」をたとえるなら、ずどん丸みがかかった「しろうお」でなく、すらっとした美しいラインを描く「しらうお」。ネイルが似合う手タレはしらうお。見分け方はコレである。