ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
経営のためのIT

クラウド時代にIT部門は不要なのか?

――IT投資動向調査から見えてきた課題

内山悟志 [ITR代表取締役/プリンシパル・アナリスト]
【第37回】 2015年3月6日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2
nextpage

 本来であれば、「従来型業務」の省力化を図り、そこで創出された余力(時間)を業務改革やビジネス戦略に直結する業務に振り向けることが期待されるが、「IT改革」および「業務改革」に分類される項目も、現在と今後の選択率はほぼ横ばいであり、役割が拡大すると期待されている「ビジネス戦略」に関わる項目も、「従来型機能」の減少分を埋め合わせるほどではない。

 IT部門の陣容、スキル、意識などさまざまな点において新たな業務を担うには不安があると言わざるを得ないIT部門の現実を表していると言える。もし、IT部門自身が将来の目標を見失っているとすれば、それは役割の縮小よりもむしろ深刻な事態である。

IT部門と非IT部門における
意識のギャップ

 この調査はIT投資に関する意思決定権を持つ人を対象としたものであるが、回答者のすべてがIT部門に所属しているわけではなく、経営者や経営企画部門も含まれている。特に小規模な企業においては、経営者自身や経理・総務部門の責任者、事業部門長などがITに関する判断を下すケースも少なくない。

 そこで、前述のIT部門の役割に関する質問のうち、3~5年後にIT部門が担うべき役割についての質問を、IT部門と非IT部門の分けて集計してみた(図2)。まず、全体的に非IT部門(経営者や事業部門長など)の方がIT部門の回答よりも低い比率となっている。すなわち、IT部門自身よりも非IT部門の方が、今後IT部門が担うべき役割を限定的に見ていることを意味する。

 役割ごとにみてもいくつかの意識のギャップが見て取れる。「従来型機能」や「IT改革」に属する役割についてはIT部門とその他の回答は概ね同様の傾向を示しており、上位5つに入る役割は一致している。一方で、「業務改革」や「ビジネス戦略」に属する役割については、いくつかの認識のギャップが見られる。

 「ホワイトカラーのワークスタイル改革」「ビジネスモデル(ビジネス戦略)の開発・改良」「ビジネスイノベーションの創出」の3つの項目については、IT部門は今後担うべき役割と考えている比率が高いが、非IT部門では他と比べて高くない。IT部門としては、ビジネスモデル変革やイノベーションといった戦略性の高い役割を担っていきたいという意思を示しているものの、一方で経営者や事業部門は、そうした役割を担う部門として、IT部門に対してあまり期待を寄せていないというギャップを読み取ることができる。

previous page
2
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

内山悟志
[ITR会長/エグゼクティブ・アナリスト]

うちやま・さとし/大手外資系企業の情報システム部門などを経て、1989年からデータクエスト・ジャパンでIT分野のシニア・アナリストととして国内外の主要ベンダーの戦略策定に参画。1994年に情報技術研究所(現アイ・ティ・アール)を設立し、代表取締役に就任。2019年2月より現職。


経営のためのIT

日々進化するIT技術をどうやって経営にいかしていくか。この課題を、独立系ITアナリストが事例を交えて再検証する。クラウド、セキュリティ、仮想化、ビッグデータ、デジタルマーケティング、グローバル業務基盤…。毎回テーマを決め、技術視点でなく経営者の視点で解き明かす。

「経営のためのIT」

⇒バックナンバー一覧