2030年に必要な能力とは?
「科挙型教育」からの脱却を

 メタ認知能力があると、環境ががらりと変わったり、全く新しい分野に向き合ったりしたときの適応能力が違います。

 工業化社会から情報知価社会に大きくシフトしてきたこの10年、社会において新しい職業が続々と誕生してきました。今の20代、30代の人たちが就いている職業、たとえばビッグデータを分析するデータサイエンティストのような仕事は、彼らが子ども時代には影も形もありませんでした。2015年に生まれた子どもが大学を卒業する頃、彼らが就活で志望する職業もまた、私たちの目の前に存在しないものがあるはずです。

 OECDと討議した教育モデルは、2030年を想定しています。今の中学3年生が15年後に30歳になる頃には、ロボットが家事や介護、あるいは車の自動運転など社会のあらゆるところに進出しているのは間違いありません。人間がそれらの仕事を奪われる、もしくは解放されるようになれば、新たに出現した仕事を自分の力で見つけ、適応していかなければなりません。従来の「科挙型」教育にどっぷりつかり、固定観念を捨てきれなければ変化に対応できなくなるのです。

 時代の転換点に応じて、教育スタイルが変わった先例を挙げましょう。大河ドラマを引き合いに、吉田松陰先生の話を何度も持ち出して恐縮ですが、幕末の長州藩では藩校の明倫館はまさに四書五経の「科挙型教育」。一方、松下村塾では、若者たちが書を読み、松陰先生と議論を重ねた「熟議型」教育を受けていたからこそ、彼らは明治維新という「国家のイノベーション」を成し遂げられたのです。

 今はまだ「メタ認知」の話をしても、ピンと来ない親御さんや学校の先生方も多いかもしれません。しかし21世紀型の教育システムを作り上げていく今後十数年、次第に形となって表れてくると思ってください。

 振りかえれば、我が国の教育行政は、過去にも小学校に総合学習の導入をする等、知識を総合的に運用できるような試みを局所的に行ってきました。しかし、結局は大学受験のシステムが変わらないので、生徒も学校も「科挙型」の勉強に立ち戻らざるを得ませんでした。

 だからこそ、まずは大学入試の制度を変えることに、私も文科省も心血を注いでいるのです。そういう中での今回のフランス出張では、バカロレアの成り立ちや実際の運用について知り、国民教育・高等教育・研究省の担当者と意見交換できたことは、非常に参考になりました。今後我が国で取り入れられる要素、導入が難しい要素はどれか分析・整理し、新しい制度の提案に生かしたいと思います。