そして、善玉菌を増やすもうひとつの方法として、オリゴ糖の摂取も考えられます。といっても、オリゴ糖を単体で買い、飲み物に入れたりする必要はありません。食べ過ぎ、飲み過ぎは腸内環境を悪化させますので、今飲んでいる飲み物にオリゴ糖を加える、などという方法よりも、今食べているものをより良いものに置き換える、というのがベターです。

 たとえば、毎朝飲んでいるジュースをバナナに置き換えると、オリゴ糖だけでなく食物繊維も含まれますし、大豆に含まれるオリゴ糖であれば、豆腐や納豆を食べながら、セロトニンの原料となるトリプトファンの摂取もできます。また、意外なところでは、玉ねぎやごぼう、キャベツにもオリゴ糖が含まれています。これらは比較的日持ちしやすい野菜だと思うので、週末の買い物リストに加えて、平日を乗り切るのも良いかもしれません。

 イライラしにくい腸内環境づくり、最後におすすめしたいのは今が旬のきのこ類。きのこは種類も多いので、同じ料理に使ったとしても、少し味わいが変わり、飽きずに続けやすい食材です。

 涼しくなって食欲も増しがちな季節ですが、暴飲暴食には気をつけて、毎日のトイレチェックもしてみてくださいね。