意味もなく仮装し、街中で騒ぎ回る若者たち。無軌道なエネルギー。美は乱調にあり。アナーキズムの巨頭・大杉栄が現在に蘇ったら、「日本でもついに民衆による革命が起きた!」と勘違いしてしまうことだろう。大杉さん、これは西洋から舶来したお祭りです。

「自意識ってものがあるだろ」と、筆者なんぞは思ってしまう。「意味もないのに仮装して楽しむ」という前衛的な思想を持つほどに、筆者の精神はまだポストモダンされていないようだ。そんな自意識過剰な人にとって、ハロウィンは“面倒くさいイベント”なのである。

自意識過剰でもできる
コスプレを考える

 クリスマスやバレンタインデーなど、本来の文化に関係ないイベントが日本には根付いている。マーケティング的な側面はあるにしても、異文化を柔軟に取り入れる姿勢は日本人のよいところだ。そういう意味では、ハロウィンも完全に否定できるものではない。

 しかし、クリスマスやバレンタインと違って、ハロウィンはハードルが高すぎる。そもそも友達が多くなければ、ハロウィンパーティーは開くことができない。リア充のイベントなのだ。最近では、“ソロ活”や“お一人様”が流行っているようだが、一人で仮装して「Trick or Treat?」と近所を練り歩きでもしたら、変質者として通報されてしまう。

 そして、なによりもその「仮装」こそが、ビギナーのハードルを高めている。マクロミルの調査によると、「ハロウィンに女性が男性にしてほしい仮装」の第1位は「ドラキュラ、吸血鬼」なのだという。確かに、ビシッと決めればカッコよさそうである。

 しかし、オシャレに決めるには少々センスが必要だ。そして、これって果たして太っている人は似合うのだろうか。映画やドラマで、太っているドラキュラ伯爵を見たことがないが……。しかもドラキュラって、どちらかというとイケメンキャラですよね。「ブサイクの癖にドラキュラって( 艸`* )ププッ 」と馬鹿にされてしまいそうである。そもそも、どこでメイクをしたらいいのか。自意識過剰な筆者にとっては、ハードルが高い。