目の前の最適解を選択

 一方で、新聞業界を見渡せば、デジタル化で先行しているとされるのは、日本経済新聞と朝日新聞だ。両社は、デジタル版のみのプランを設けるなど、紙の新聞が存在しない時代を強く意識しているかのように映る。

 日経はすでに43万人に上る電子版有料会員がいる上、デジタル化の成功例といわれる英フィナンシャル・タイムズを買収し、ノウハウの吸収を目指している。朝日もデジタル版の独自コンテンツを充実させている。

 もっとも、両社とも収益面でみれば、いまだ紙に依存していることに変わりはなく、明確な未来像を描いているとは言い難い。

 そんな中でデジタル戦争に新たに参入した読売モデル。決して派手とは言えないが、シニア層が中心を占める既存読者の存在を考慮し、紙からデジタルに一足飛びに切り替えられない現実を前に、“最適解”を選んだともいえる。

 大手紙のデジタル戦略がほぼ出そろう中で、果たしてどこに凱歌が上がるのか、目が離せない。

(「週刊ダイヤモンド」編集部 岡田 悟)