【視野を広げる方法3】読書習慣が視野を広げる

『一流の育て方』
ムーギー・キム、ミセス・パンプキン著
定価:1600円+税 発売:ダイヤモンド社

 ここで最後に強調したいのが、視野を広げる上での良質な読書習慣の大切さである。

 読書習慣は、幼少期に受けた教育と非常に密接に関係している。

 私は著書『一流の育て方』を執筆するにあたり、数多くのいわゆる“一流エリート学生”に膨大なアンケートを行ったのだか、この中で「親に最も感謝している教育方針は?」という問いにエリート学生諸氏が答えてくれた回答で最も多かったのが、何を隠そうこの「読書習慣を身に付けさせてくれた」というものなのだ。

 以下、著書にも収めているアンケート結果の一部抜粋を、一部引用してご紹介しよう。

【アンケート結果】
●読書を勧めてくれた親に感謝
「自分が両親に非常に感謝している点は、幼少期から熱心に読書を勧めて、小学生のころはほぼ毎日図書館からお勧めの本を借りてきてくれたなど、知見を広め、深める契機をふんだんに与えてくれたことです」(東京大学法学部Kさん)
●本だけはふんだんに買ってくれた
「読書を通じて好奇心の探求を続けられる環境にあったことが、今の私をつくったと考えています。両親は幼少の私に、興味を持った百科事典や大人用の鉄道雑誌や歴史雑誌などを惜しみなく与えてくれました。自分が好奇心旺盛な性格に育ったのは、そのおかげだと考えています」(一橋大学大学院商学研究科Sさん)
●本を読み聞かせてくれたことが、文章読解力の基礎に
「両親の教育方針で、私によい影響をもたらしたことの一番は、幼少期に数多くの本を読み聞かせてくれたことだと考えます。これにより、文章読解力の基礎が形成され、視野も広がり、主体的に物事を考えることができるようになったと思います」(東京外国語大学外国語学部Fさん)

 世の立派な親たちは、これほどまでに「読書習慣」を子どもに与える工夫をしているのである。この読書習慣は、空いている時間があれば自然と世の賢人と触れ合い知識を深め、視野を広げ、視点を高くしてくれるという意味で、子どもたちにできる最高の贈り物ということができるだろう。

 先日お会いした竹中平蔵教授も大変な読書家で、大臣として忙殺されていた日々でも必ず二時間は読書で勉強する時間を欠かさなかったという。光り輝くダイヤモンド読者の皆様、皆さんが偉くなる前の学生時代、ないし高校生までは一生懸命勉強したのに、偉くなった途端全く読書で勉強しなくなっている方は、案外多いのではないか?

 読む本を一冊言えばその人の人柄が判るという言葉があるが、最近1ヵ月に読んだ本で一番良かった一冊が、小保方さんの『あの日』だけでは甚だ心もとないのである。