川内原発の再稼働時に
異を唱えた日本火山学会

――愛媛の伊方原発、そして鹿児島の川内原発など、中央構造線の近くに立地する原発を危ぶむ声もあります。

 実際、熊本地震は東方や南西にまで広がっていますから、もっと真剣に議論すべきです。火山、地震に関することは、とにかく分からないことが多い。日本全国に「絶対安全」な地域がない以上、原発や核廃棄物処理施設を巡っては考えを改めなければならないと思っています。

 川内原発の再稼働時には、九州電力が「カルデラ噴火のような巨大噴火の可能性は十分に小さい」と評価し、原子力規制委員会もそれを認めました。しかし、われわれ火山学者からすれば、そんなことを断言できるなんてあり得ない。日本火山学会も「疑問がある」と声明を出しました。

 カルデラ噴火とは、東京ドーム10万杯分以上もの火山灰や噴石が出る、破局的噴火のことです。阿蘇山だけで過去に4回、カルデラ噴火を起こし、火砕流が瀬戸内海を超えて中国地方にまで流れて行ったことも分かっています。ちなみに、日本で最後にカルデラ噴火を起こしたのは、鹿児島県の鬼界カルデラで、約7300年前のことです。日本では過去10万年間に12回、カルデラ噴火が起きました。単純に割り算すれば、約8000年に1回程度は起こる計算です。もちろん、そんな単純な周期ではないはずですが、起きうるという事実は厳粛に受け止めるべきです。

 そして、通常の噴火なら山体膨張(マグマの蓄積や上昇によって、山が膨らむこと)などの前兆現象が起こることが多いですが、カルデラ噴火については古文書も残っていない遥か昔の出来事ですから、どんな前兆があるのかも、まったく分かりません。「起きた」という事実は分かるものの、それ以上は研究のしようもない噴火なのです。

――避難計画もお粗末だと言われています。

 川内原発では事故が起きた際、新幹線や高速道路を使って避難する、ということも検討されたようですが、熊本地震では両方とも止まってしまいました。噴火の場合でも、火山灰はわずか数ミリ積もっただけで停電を引き起こしますし、空港の滑走路も使用不能になり、道路の白線も見えなくなります。およそ避難に役立つとは思えません。

 また、火山灰は電力供給システムに甚大な被害を出しますから、原子炉を冷やすのに支障が出る可能性もあります。津波が来ずとも、福島の原発事故のようなことが起こりうるのです。

 日本が世界有数の地震・火山国であるからといって、一般市民が過度に心配する必要はありません。こうした活動の周期は人間の寿命よりもずっと長いからです。できる備えはするべきですが、それ以上の心配をしたら心穏やかでは暮らせません。

 ただし、原発などは話が別です。高レベル核廃棄物は放射能レベルが下がるまで10万年ものあいだ、隔離しなければなりません。そんな長い期間、安全だと言い切れる場所などない。このことをしっかりと認識すべきです。