磯村和人(いそむら・かずひと)
中央大学教授 1965年、徳島県脇町(現 美馬市)生まれ。1983年、京都大学経済学部に入学。1987年、京都大学経済学部卒業。同年、京都大学大学院経済学研究科(現代経済学専攻)修士課程に入学。1989年、京都大学大学院修士課程修了。1992年、京都大学大学院博士課程経済学研究科単位取得退学。2003年、京都大学博士(経済学)。福島大学経済学部助教授(1992~2002)、ビクトリア大学経営学部客員研究員(2000~2001)を経て、2002年に、中央大学の専門職大学院国際会計研究科教授に37歳で就任。専門分野は、経営学や社会学。大学院では、主に戦略、組織変革、リーダーシップなどを教える。磯村さんの家族が管理教育と闘う日々や、兄弟が独学で東大・京大の現役合格を果たす方法をまとめたのが、『奇跡の対話教育』(光文社)。亡き父の著書である

磯村 1990年前後までは、日本経済は不況の時期はあったものの、ほぼ毎年拡大していく「右上がり」の状態が続いていました。多くの人に、管理職や役員などのポストも与えられていました。

筆者 この二十数年は、それが破綻していますね。

磯村 会社員は、各々がキャリア形成を考えていかざるを得なくなったのです。東大・京大などを卒業した高学歴の社員の中には、そのことに不満を持ったり、思い描いたようにいかずにうつうつとしてしまい、失望していたりする人もいると思います。

 私の同窓(京都大学経済学部・1987年卒)、あるいは年齢が近い人の中には、金融や保険業界などの大企業で役員になる人も出始めています。役員になるか否か、というきわどいところにいる人もいます。一方で、キャリア形成という点では思ったほどはうまくいっていないと思える人もいるのです。こういう人は結局、社内で飼い殺しのような状態になっているのかもしれませんね。

最難関校の出身者は会社で
優遇されてしかるべきではないか

筆者 東大・京大卒の社員は、早いうちから何らかの形で優遇をするべきで
しょう。あの事務処理能力を会社として高く評価しないのは好ましくないですね。

磯村 私は戦前の帝国大学のように、トップエリートを特別に育成する仕組みがあってもいいと思います。一時期、企業でも「早期選抜」が唱えられた時期がありましたね。将来、会社の一翼を担う可能性のある人を20代の頃から抜擢していくものです。この動きは、十分には浸透していないのです。

筆者 私が知る限りで言えば、大手企業のごく一部で、東大・京大卒の社員を「超総合職」という位置づけで、20代後半ぐらいから、計画的に育成はしているようです。しかし、その「抜擢」が十分ではないのです。

連載第25回で取り上げた、大手ビールメーカーに勤務する東大卒の社員も「超総合職」のような扱いを受けているかに見えるのですが、じっくり話を聞いていくと、そうとも言えないのです。他の大学を卒業した社員と昇格のスピードもさほど変わらない。

 そもそも、日本企業は正社員の数が規模に比べて多く、総額人件費が膨れ上がる傾向があります。これでは、国際競争力を維持することができませんね。