【STEP5】再評価

 やりっぱなしでは、果たして本当にうまくいっているのか、修正が必要なのか判断できません。結果を出すには、1ヵ月に1回は【STEP2】の「情報収集・分析・評価」を繰り返し(再評価)、必要に応じて修正をくわえていきます

 適切な食事と運動を継続していれば、カラダは必ず変わっている「はず」です。もし1ヵ月継続しても変わらない、あるいは変わる兆しもないという人は、「不」適切な食、運動を継続していることになります。

 ただ分かっている「けど」やめられない、始められないというのもまた事実。たとえば間食の場合、食べてはダメだと分かっているけど、勤務先でおやつを出されると「つい」食べてしまう、家で買い置きをしているお菓子を見つけると「つい」食べてしまう。運動は必要だと頭では分かっている「けど」、服を着替えるのが「つい」面倒くさくて、30分歩く時間など取れなくって…などなど。

 このような、できない理由をピックアップしてリスト化していきます。その場合、どんな時にできなかったのか、時間帯(夜寝る前についつい食べる)、相手(総務の○○さんのところに行くと勧められる)、場所(社食の帰りにコンビニに寄ってしまう)などに分けて考えると、色々と出てきます。

 ただここまでだけだと、単なる言い訳リストで終わってしまいます。そこで事前に、誘われたときにはこう断る、社食からオフィスまでの帰り道を少し変える、寝る3時間前に食事は済ませる、どうしても食べたいときはカロリーの低い○○を定番にするなど、シミュレーション、場合によっては練習しておくことをお勧めしています。とくに断る練習など子供じみていると思われるかもしれませんが、かなり効果のある方法です。

 ****

 3ヵ月、12回にわたって連載してきた「大人のボディデザインスクール」も今回が最終回です。本連載のゴールは、メリハリボディを手に入れることと設定し、そのための方法、Tipsを紹介してきました。

私はこれまで老若男女を問わず4000名を超える方たちをサポートしてきましたが、本当にカラダは正直。やれば「必ず」変わるということをいつも実感しています。私は医師なので、「必ず」という言葉を安易に使うことはありません。むしろ、できるだけ使わないようにしています。しかしカラダづくり、ボディデザインは別です。何度も言いますが、適切な食事と適切な運動を続ければ、必ずカラダは変わるし、変えられる。そしてカラダが変わると、気持ち(心)も変わる、病気のリスク「も」減る。その結果、私生活や仕事が充実し、家族も会社も社会もハッピーになれる。こんなローリスク(&ローコスト)・ハイリターンな投資はそうそうないのではと、いつも思っています。

 本連載が皆さんのハッピーな人生の実現に少しでもお役に立ったなら、著者としてこのうえない喜びです。またどこかでお会いできることを楽しみにしています。3ヵ月間、ありがとうございました。

●最後のタスク
この3ヵ月間で変わったこと、変わらなかったことをつぶやいてください。
つぶやくときは、本文の最後に、「 #DOLBDS」を入れてください。