1人で暮らせる収入はあるけれど…
派遣先は30歳を超えると激減

 派遣のキャバ嬢は、店内で待機中に携帯電話を使うことも禁止されている場合が多い。「あの子、新人で指名も取れないくせに、なんで携帯をイジってんの? 時給もらってゲームでもやってんの?」という顰蹙を方々から買わないためのマナーらしい。

「待機中に携帯を触っていない子を見つけると、『きっとあの子も派遣なんだろうな』とは思いますが、給料などの情報漏洩を防ぐため、派遣同士で仲良くなることも派遣会社から禁じられているので話しかけません」

 派遣のキャバ嬢としてかれこれ3年、週4日ペースで働き続けているA子さん。ズバリ、現状に満ち足りているのだろうか?

「1人で暮らしていけるだけの収入はあるけど、自分を偽りながら、目立たぬよう、誰とも深く関わらぬよう、ただ時間が過ぎるのを待つだけの仕事だから、やりがいはないですね。できれば昼職に就きたいけど、ずっと水商売だったから、何をしたらいいものやら……。気づいたらもう29歳。30を超えたら、派遣先はうんと減る。それまでに身の振り方を考えないと」

 そう言いつつ、彼女は今日も手癖のようにログインし、キャバクラの派遣求人を探し続けるのだった。