森啓(もり・ひろし)/大阪市立大学大学院医学研究科脳血管内治療・頭蓋底外科病態学寄附講座特任教授。医療法人崇德会田宮病院顧問。日本血管性認知症学会・顧問。日本認知症学会・名誉理事(前理事長)。日本医療研究開発機構「DIAN-J臨床研究」主任研究者。日本医療研究開発機構「AMEDプレクリニカル(J-ADNI後継事業)臨床研究」主任研究者。日本医療研究開発機構「認知症臨床ゲノム研究」主任研究者。1950年生まれ。74年、大阪大学理学部卒。79年、東京大学大学院博士課程修了。87年から90年までハーバード大学リガムウーマンズ病院神経病センター研究員(神経科学部門)。東京大学医学部脳神経病理学教室助教授、東京都精神医学総合研究所分子生物学室長、大阪市立大学大学院医学研究科教授などを経て、15年から現職。

  残念ながら予防法は確立されていませんが、普段の生活で頭を使うこと、運動することが、認知症の発症を遅らせるとの報告があります。週に3~4回は有酸素運動を20分連続して行いましょう。生活習慣病の予防対策は、血管性認知症予防にもつながります。フィンランドで行われたフィンガー研究(FINGERstudy※)の報告から、これら全てを実践することで認知症予防に繋がると考えられています。また、30分以内の昼寝にも予防効果が認められています。

早期診断・発見は何のため?

 国の認知症施策推進総合戦略(新オレンジプラン)において、「早期発見、早期介入」を推奨しています。これは認知症の人が認知機能をある程度保たれているうちに、今後どのような生活を送りたいかプランを立て、その環境を整えるためです。

 サポートする家族にとっても、認知症ケアや介護制度について学ぶ時間が得られます。目的地があっても、歩いているうちに忘れてしまうのが徘徊。物取られ妄想や嫉妬妄想は、いつも世話している人がターゲットとなる――。これらを知っているのと知らないのでは、ケアする人の精神的負担も違うはずです。

(※)Ngandu T,et al.Lancet. 2015 Jun 6;385(9984):2255-63

(「2025年までに実現なるか? 認知症の根本治療薬開発の今」<2017.7.22公開予定>に続く)