ジョージ・ソロスと共同で伝説的ヘッジファンド「クォンタム・ファンド」を設立した投資家のジム・ロジャーズも、娘の教育のためにシンガポールに移住している。

 ただ、最近はシンガポールへの資産移転の条件が厳しくなっているため、より安価で永住権が取得しやすいマレーシアが人気となってきた。

 海外脱出となると、日本人にとってはいささか大げさに感じられるかもしれないが、すでに中国では富裕層の海外脱出が現実のものとなっており、決して対岸の火事とはいえないのだ。


住みにくくなった日本を
見切る富裕層

 このように、現実に日本を見捨て、資産を移転させたり移住したりする富裕層たちが相次いでいます。『週刊ダイヤモンド』10月8日号の特集「日本を見捨てる富裕層」では、富裕層の実態をつぶさに追い、彼らの資産運用術や海外脱出の実情を余すことなくお伝えします。

 まずは富裕層から始まった動きですが、日本の閉塞感が続けば、国全体に広がる可能性も大きく、われわれにも学ぶべきことが多くあります。

 そこで特集では、

「富裕層たちの資産運用全解剖」「年5%のリターンを目指せ!金持ちに学ぶ運用ノウハウ」「金持ちがこっそり教える? 節税術」など、富裕層に学ぶ資産運用術や、家族や本人が移住するための基礎知識、さらには「住みやすさ」「生活費」「治安」を多角的に分析した「あなたの脱出国はここだ! 世界厳選15ヵ国」まで、金持ちに学ぶノウハウが満載! これを読めば、あなたも富裕層に一歩、近づくこと間違いなしです。

(『週刊ダイヤモンド』副編集長 田島靖久)