山の大噴火
三木谷イズムにも現れる
イノベーション精神

<<ベストQ3>>
イノベーションを起こす気概はありますか?

「万物の終わりを成すところにしてはじめを成すところなり」(『説卦伝』より)

 東北の卦の艮(ごん)は、万物の終わりと始まりを成します
 つまり、時代にそぐわないものや制度をやめ、新しく何かを生み出すことを意味するのです。

 さて、不動心のかたまり、象徴である山が、何かを生み出すとき。これは、どんなときでしょうか?
 そうです! 「噴火」です!
「噴火」は激しいもの。そして、この噴火があるからこそ、山は新しく姿を変えるのです。

 これは、山の八白人で表現するなら、“イノベーション”です。
 普段はじっと不動の心で、何者の意思にも左右されずに、強い意志を持ってひとつのことをやり続けます。けれども、ときに、巨大な噴火(イノベーション)を起こすのです。

 まわりから見たら、「え! あの人があんなに大胆なことをするなんて信じられない!」と思われるぐらいのことを、平然と急に実行します。

 本来不動のはずの山が動くのですから、それは、相当なパワーが炸裂するでしょう。

「山の八白」が動くと、地殻変動を起こすくらいの強烈なインパクトがあるのです。

 楽天創業者である三木谷浩史氏も「山の八白」。彼は、就職活動に頑張る若者たちに、こんなメッセージを送っています。

「イノベーションと、強い決意こそが明日を創っていく」

 三木谷氏は、“何でもやり切る男”としても有名で、「山の八白」として申し分ない才力を発揮しています。

 しかし、それだけでないのです。

 このメッセージからも見てわかるように、イノベーションを大切にする“三木谷イズム”があるからこそ、「山の八白」の理想の人物として“大きな成功”を収めているのです。

 三木谷氏のように、「山の八白」も、時には“イノベーションの精神”を持って、改革を行っていかないと、新しい自分との出会いもありませんし、新しい時代を切り開くこともできません。

 それは、自然界の山も一緒です。噴火をして、地形を変えることで、新しい生命や、動物の生き方が創造されることもあります。自分の組織や会社において、新しい命を芽生えさせたいときは、ぜひ「山の八白」が先導を切ってあげてくださいね。

 いかがでしたか?
 以上が「山の八白」の「9の質問」のうち、特に押さえてほしい“ベスト3”です。
 あなたはできていましたか?

 本書には、「9の質問」すべてを詳しく解説しています。
 6つで合格点。4つで及第点。3つ以下で落第点です。
 同じ「山の八白」の同僚とも、この課題に対して、努力しているかが、仕事のできる・できないはもちろん、人生の豊かさにも、大きな差が出てきます。

 イメージすべき、「山の八白」の大きなテーマは、「不動の精神、時にイノベーション」です。

 相反するものに見えますが、この両方が、「山の八白」には必要なのです。
 また“伝統や先祖とのつながりを重んじ、ものより心を大切にする人生観”を持てば、ずっと豊かな人生を歩めるのも「山の八白」です。
 ひとつひとつでいいのです。実行できるよう、頑張ってみてくださいね。