想いをカタチに
人・モノ・金を引きつけろ!

 あなたが【陽1年】で新しい物事(事業)を始めていたとしたら、
「なぜ、それを始めたのか?」
「何を実現したかったのか?」

 を考えてみてください。

 今もその想いを保ち続けていますか?
 この【陽4年】の「五黄の部屋」では、その想いを今一度思い出し、形にしていくことが大切になります。

 ここまでくるのに、【陽1年】のときとは、まわりの状況が大きく変わっているはずです。

 その環境の変化から、自らの初心としての想いを忘れがちになり、自分がお金以外の何を目的として物事(事業)をやっているのかわからなくなってしまう人も多いのが、この「五黄の部屋」での特徴なのです。

 そうなってしまうと、とても残念なことが起こります。
 自分がもともと持っていた社会に対する想いが消えてしまうと、どういうことになるか?

「五黄の部屋」にいる人は、「ガイアの五黄」の波動を受ける年になりますから、「ガイアの五黄」の特性である、すべてのものを引きつける引力のような力があります。

 すべてを引きつける力というのは、『自分の社会に対する想いがどれぐらい強いか』によって、強弱が決まるからです。

 想いが弱ければ、引きつける力も弱々しいものになります。
 逆に思いが強ければ、引きつける力は強大なものとなり、人もモノも金も情報も、どんどん集まってくるのです。

「五黄の部屋」にいるあなたは、今、言葉も行動もエネルギーが強い傾向にあります。だからこそ、自分の想いが人に伝わりやすいのです。

 せっかく9年に一度の絶頂期である【陽4年】の「五黄の部屋」にいるのですから、この引きつける力を味方につけない手はありません。

 自分の想いを再確認し、熱い気持ちでどんどん発信していく1年にしましょう。
 そして、志を大きく持つことも大切です。

「創造と破壊」が鍵!
物事に不便さを感じたら
ゼロベースで考えよう

「五黄の部屋」に入っている人に与えられたテーマで大切なのが、『創造と破壊』です。

 よくないものは壊し、よいものを作り上げるということ。
 あなたがここまで手塩にかけて育て上げたものが、もし時代にそぐわなかったり、何か不便に感じたりすることがあったら、思い切ってそれを壊してしまうことも【陽4年】の「五黄の部屋」では、ひとつの大切なこととして考えてみてください。

 勘違いしてほしくないのが、すべてを壊せと言っているわけではないということです。
 事業ひとつとっても、経理方法や営業方法などたくさんの仕事があります。
 そのどれかに、いま、何か不便を感じているのならば、手直しというレベルではなく、一度ゼロベースで新しいやり方を考えてみるということです(現事業そのものを壊し、新事業をやる考えはオーバーヒートにつながるのでやめましょう)。

「五黄の部屋」では、今までやってきたことの総仕上げをすることが理想ですから、無駄や不便といった部分があるならば、この1年の間に見直し、新しく作り変えてしまいましょう。
 そうすれば、「ガイアの五黄」の強力な運気があなたを後押ししてくれるでしょう。