(1)報告に来なかったことを徹底的に責め、報告の重要性をわからせる

(2)話しかけづらそうなオーラを漂わせていたことを反省し、今後は話しかけやすいオーラを出すように心がける

(3)新入社員たちの中でリーダーを決めて報告させるようにする

 それぞれの選択のシミュレーションをしてみましょう。

厳しく教え込んだほうがいいか
優しく親しげに接するべきか

 (1)の場合、現場は大混乱するでしょう。

 じつは、この会社の上司は、(1)を選択しました。上司は仕事を叩き込まれた世代なので、自分がされたように報告の重要性を厳しく教え込もうとしました。「報告に来いっていわれたら必ず来るんだ!」と新入社員たちを責め立てたのです。

 しかし……。いまどきの若者は叱られることに慣れていません。

 彼ら、彼女らはすっかり萎縮してしまいました。

 そして、なんと「報告に行きたくないから、上司が見に来るまで仕事を終わらせず、ゆっくりと作業をしよう」と考え、それを実行したのです。

 それを知った上司は、さらに激しく叱りましたが、まったく効果はなし。それどころか、会社に来なくなる社員もいました。

 (2)の場合、話しかけやすいオーラを出すよう努めても、結局、部下は報告しに来ないでしょう。

 なぜなら、いまの若者は、人に対して必要以上に遠慮する傾向があり、ちょっとでも「忙しそう」だと感じたらもう話しかけるのをためらうのです。いついかなるときもニコニコしてウェルカムムードを醸し出す上司になるなんて無理です。

 となると、ベターなのは、(3)の選択肢といえます。もっとも合理的なマネジメント法だと思います。

 しかし、誰かをリーダーに決めようとすると、そこで混乱が起きる可能性もあります。いまはただ報告をするだけのことであっても嫌がる若者が多く、もし上司が強制的に決めたら、辞めてしまったりするのです。

 (3)のような任せ方も通用しないぐらい、いまはマネジメントの転換点に来ているといえます。