ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
スマートフォンの理想と現実

競争力向上と巨大市場を背景に勢いづく中国勢、
新興国BOPビジネスをも射程に収めるケータイ産業

――モバイル・ワールド・コングレス(MWC)レポート【前編】

クロサカタツヤ [株式会社 企/株式会社TNC 代表]
【第19回】 2012年3月2日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
2
nextpage
ビルを覆うSamsungの巨大スマートフォン広告

 特にこのところのMWCでは、韓国・中国勢のプレゼンス拡大が著しい。すでに数年前より、SamsungやLG、またHuawaiといった事業者たちは、いわば「MWCの顔役の一人」として、日本勢はおろか欧州勢をも押しのけ、堂々たる態度で参加している。実際、会場には韓国・中国からの参加者が、おそらく日本人の4-5倍程度は来場しているはずだ。

 しかし、そうした世界中の新しい高性能端末を眺めれば眺めるほど、へそ曲がりな私には、どうしても一つの疑念が拭えずにいた。それは「これって、楽しいの?」ということである。

LGのOptimus 4X HD

 もちろん、高性能化が重要なのは、百も承知である。スマートフォンの場合、処理速度は反応速度につながるし、「サクサク感」のある使い心地の有無が市場での雌雄を決するといっても過言ではない。また画面の大きさが特徴である以上、精細度は高いに越したことはない。さらに電池問題は、ある意味でスマートフォンの生命線そのものでもある。

 事業者にとってみれば、競争の本質はスマートフォンだけではない。パネルやチップなど、そこで使われる部材の生産や調達の命脈を握って、はじめて勝利したといえる。むしろスマートフォンは、その部材における市場支配を強めるため、出荷台数を増やすための道具に過ぎない、と考える事業者も存在するだろう。

SonyのXperia U

 それでもあえて消費者視点で考えると、機能進化はある意味で当然の要件のように思える。むしろ消費者の関心は、その端末やその先にあるサービスが、私たちの生活をどのように改善してくれるかにあって、端末の性能は一義ではないはずだ。それが前述の「それって、楽しいの?」である。

 正直、今回各社が発表したAndroid端末からは、そうした楽しさを感じることはあまりできなかった。性能が向上すればするほど、パソコンの世界に似てきているような気もするし、さらにこのハイスペック路線は、ちょうどパソコンの高度化がゲーム等の特定分野に向かった結果、少なからず消費者を置き去りにしていったのと、どこか似ている。

previous page
2
nextpage
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

クロサカタツヤ
[株式会社 企(くわだて)代表取締役、慶應義塾大学特任准教授]

1975年生まれ。慶應義塾大学・大学院(政策・メディア研究科)修了後、三菱総合研究所にて情報通信分野のコンサルティングや国内外の政策調査等に従事。その後2007年に独立し、現在は株式会社企(くわだて)代表として、通信・メディア産業の経営戦略立案や資本政策のアドバイザー業務を行う。16年より慶應大学大学院政策・メディア研究科特任准教授。


スマートフォンの理想と現実

2011年はスマートフォンの普及が本格化する年になる…。業界関係者の誰しもがそう予感していた矢先に発生した東日本大震災は、社会におけるケータイの位置づけを大きく変えた。しかし、スマートフォンの生産に影響が及びつつも、通信事業者各社はその普及を引き続き目指し、消費者もまたそれに呼応している。震災を受けて日本社会自体が変わらなければならない時に、スマホを含むケータイはどんな役割を果たしうるのか。ユーザー意識、端末開発、インフラ動向、ビジネスモデル等、様々な観点からその可能性と課題に迫る。

「スマートフォンの理想と現実」

⇒バックナンバー一覧