実は、この言葉を文字通り受け止めてしまうと、これから仕事をしていく上ではとても危険なことである。ここで大事なのは、人から言われたことを「文字通り受け取る」前に、「この人は、なぜこのようなことを言っているのだろうか?」を考えてみるということだ。

 たとえば、冒頭の言葉は先輩社員が、新入社員や若手社員が早く力を発揮できる環境をつくってあげたいと気を遣っているのかもしれない。しかし言葉を真に受けて、何も考えないでストレートに発言したり、思いつきで行動してみたりすることは、あなたにとっても会社にとっても百害あって一利なしである。

 では、仕事をする上で若手社員はどう行動するべきなのか。それは、「何でもやります。」「教えてください。」という姿勢を示し、行動することである。

 よく見ると、“できる人”はいくつになっても目上の人にこのような姿勢でいることが多い。「知っていること」「できること」をアピールするよりも、自分が「知らない」「できない」ことを知っている方が、他者からも可愛がられ、会社の戦力にもなれるからである。

「働くこと」は一人で何かをするのではなく、結局他者と協力して会社の目指す目標を追い続けなければならない。もちろん時には、自己主張することも必要だろう。しかし、それ以上に大切なのは、会社の仲間と良い関係を築いて信頼されること、仕事を任せてもらえることだ。

 まずは、身近な上司の言葉や行動を「なぜ?」の視点から観察してみてはいかがだろうか。今まで見えてこなかった仕事の“真髄”がだんだん分かってくるはずだ。

「働き方改革」によって求められる能力とは?

 最近、活発に言われ続けている「働き方改革」。政府が掲げている重点項目はいろいろあるが、中でも「長時間労働の是正」は誰にとっても身近で関心が高い部分ではないだろうか。