健康関連商品を2割増の3500億円に

──売場を見ると、健康関連商品が目立ちます。今後も増やしていく方針ですか。

 はい。17年度は健康関連商品の売上高が約3000億円の見込みです。来年はこれを2割弱増の3500億円にします。健康関連商品は引き続き、当社のメーン強化カテゴリーの一つです。

 ローソンは、今ほど健康が注目される前の13年10月にコーポレートスローガンを「マチのほっとステーション」から「マチの健康ステーション」に変更し、健康を軸とした事業戦略を進めるという方向性に舵を取りました。社内では途中でもとに戻そうという話もでてきました。しかし、やっと「健康といえばローソン」という認知がお客さまの中で高まってきて、ここまで続けてきてよかったと思います。

 さらにうれしいのは、健康コンシャス(関心)が高い人ほど、ローソンを評価してくれていることです。1本で118グラムの野菜を使用しているチルド飲料「グリーンスムージー」や、穀物の外皮を使い、糖質を抑えた「ブランパン」シリーズ、国産若鶏のむね肉100%、国産小麦粉を100%使用した「からあげクン」など、健康コンシャスの高い方が頻繁に買ってくれています。

 私も子供につられて、からあげクンをよく食べます。フレーバーもいろいろ試しましたが、個人的には「レギュラー」がいちばん好きです。

──MD(商品政策)の考え方について教えてください。

とにかく、われわれは“とんがっていこう”という気持ちで進めてきました。中途半端にするのではなく、いっそ“振り切ってしまおう”と。その先兵隊が「ナチュラルローソン」です。健康特化型のフォーマットであるナチュラルローソンは今、約140店舗を展開しています。

 健康志向のお客さまだけでなく、幅広い客層の受け皿としてはメーンフォーマットの「ローソン」があるので、ナチュラルローソンでは思い切って健康に振り切ることができます。

 例えば、ごはんの代わりにカリフラワーを使った「ご飯を使わないキーマカレー」や、「ご飯を使わないオムライス」など、「ベジめし」をナチュラルローソンでは展開しています。これらの商品も1万4000店舗のローソンでいきなり展開することはできないですが、140店舗のナチュラルローソンだからできました。これくらいやりすぎたほうがいいのです。