1.揚げる──レストランの「古い油」はおぞましい

 フライドポテトでもフライドチキンでもフライドフィッシュでも、あるいはフライド・スニッカーズバーでもかまわない、揚げ物は何でもダメージを受けた脂肪でいっぱいだ。

 揚げる過程では、酸化した脂肪と変性したタンパク質に食品を浸けることになる。揚げる際の高温は、「複素環アミン」と「多環芳香族炭化水素」を生成することで食品の毒性を強める。

 すでにご存じのとおり、揚げ物はあなたのウエストラインに悪いが、いまやこれを避けるべきもう一つの理由ができた。あなたの脳にも悪いのだ! レストランで揚げ物を食べるのはなお悪い。なぜなら同じオイルを長時間使うからだ。オイルは時間が経つにつれて悪くなっていく。

2.「べにばな油」と「ひまわり油」

 べにばな油(サフラワーオイル)は高温で熱せられてオイルを単離するが、そのためオイルの中の壊れやすい化合物が酸化してしまう。ひまわり油はべにばな油と同じ問題があるが、より酸化しやすく、煙点がもっと低い。このため、あなたが摂取するひまわり油は調理する以前に酸化している可能性が高い。これらのオイルは両方とも避けることだ。

3.「植物油」「大豆油」「コーン油」「トランス脂肪酸」

 これらの種類の脂肪を控えるべきことは先刻ご承知のはず。とても酸化しやすいという事実は、もう一つの理由にすぎない。大豆油はあなたの遺伝子に働きかけて炎症を起こし、ミトコンドリアの機能を阻害する(*9)。ラットの実験でコーン油は、ミトコンドリアの働きを抑制し、結腸がんとの関連があることがわかった(*10)。

4.バーベキュー──「焦げた肉」と「ソース」の最凶コンビ

 7月4日の独立記念日のバーベキューのあと、頭がもやもやして二日酔いになったのは、マルガリータを飲んだからだけじゃない。おいしい肉を直火であぶったとき、その脂肪が発がん性と炎症性をもつ複素環アミンと多環芳香族炭化水素に変換されたのだ。バーベキューのソースも糖類だらけだ。

 焼け焦げた肉を食べるのを控えたら、夏のあいだずっとパフォーマンスが良くなるだろう。グリル調理をするなら、まずは肉をアルミ箔で包むこと!

脳の「オン」「オフ」はいつでも自分で選択できる

 この記事の情報はあなたを怖がらせるためのものじゃない。むしろ、食物が脳に与えうる非常に大きな影響を理解してもらいたいということだ。口に入れるものすべてをコントロールするのはあなたなのだから、この知識は大きな力となる!

 つまり、どれほどの量の炎症性、毒性のある食品をミトコンドリアのえさとして与えたいか、どれほど気分が良く(悪く)なりたいかはあなたが決められるのだ。

 来る日も来る日もすべての食事で完全な選択をする必要はない。ときには、ほんの少し炎症を残すとわかっている食品を摂りたいこともあるかもしれない。いつそれを口にするかは、あなたが決めればいい。翌日に重大なインタビューやプレゼンがあるときは、夕食の席でより賢い選択をするだけで頭脳のパフォーマンスを上げられるとわかっているだけで、きわめて大きな違いがある。

 化学的な毒にも自然に発生する毒にも汚染されていない抗炎症性の食品を選び始めたら、あなたは頭脳のパフォーマンスと明晰さに、ただちに違いを感じることだろう。これは最強の脳を手に入れるためのきわめて重要な一歩だ。

(本原稿は『HEAD STRONG シリコンバレー式頭がよくなる全技術』よりの抜粋です)