太陽系惑星観光ツアーがあれば…写真はイメージです

 最近の人類は当たり前のように未来に生きているので、もうみんな宇宙旅行とかにガンガン行っていると思うのだけれども、そうした時にぜひ一読しておいてもらいたいのが、本書『太陽系観光旅行読本:おすすめスポット&知っておきたいサイエンス』である。月や彗星、火星に金星、はては冥王星まで、各種惑星にどうやって行くのか。各惑星はどのような大気組成であり、地面はあるのか。観光スポットはどこなのかを細部にわたって教えてくれる一冊だ。

『太陽系観光旅行読本:おすすめスポット&知っておきたいサイエンス』
オリヴィア・コスキー著、露久保由美子訳、原書房、288ページ、1800円(税別)

 いわば旅に行く時に一冊あると嬉しい宇宙の歩き方だ。書名だけ読んで、中身ペラペラのジョーク本かと思いきや中身はガチである。まず「準備」の章では、NASAが定める現実的に必要な能力と準備が載せられているし(視力は両目とも1.0、軍隊式水中サバイバル経験済み、スキューバライセンス、水泳試験、耐圧試験、重力訓練など)、人が宇宙にいった際に起こり得る様々な事態について細かく記述してくれるのが嬉しい。たとえば宇宙空間で目を閉じてだんだん眠りに入っていくと、眼球の内部を勢い良く進む宇宙線によって明るい閃光がみえるのだという──とか。

 各惑星の紹介もガチのガチで、直径、質量、色、公転速度、重力、大気の成分、組成、一日の長さ、公転周期、季節変化、地球にテキストメッセージが届く時間などなどの情報がWikipedia的に網羅された後、きっちりと“観光として”何が楽しめるのかを紹介していってくれる。月ぐらいならまだ観光名所としての紹介もわかりやすいが(アクセスもいいし、アポロ計画の着陸地点だってある)、土星や木星のようなガス惑星なので“そもそも着陸できねえよ”な惑星まで無理やり観光名所として紹介しているので笑ってしまう。しかもその説明がやたらと細かいのだ。

“黄褐色のガス惑星に近づいてまず気づくことのひとつは、その環の美しさです。遠くからでは、土星の環は継ぎ目がなく、平らで、静止しているように見えます。ところが近づくにつれ、ひとつながりと見えた姿はバラバラのかけらの集合体だとわかってきます。宇宙を漂うこの氷のかけらのなかには、建物ほどの大きさのものもあれば、うんと小さなものもあります。みな重力の影響を受けて土星をまわり、中心から近いものは遠いものよりも速く周回しています。環と環のあいだが大きく空いた隙間には小さな衛星がみえるかもしれません。”