ダイヤモンド社のビジネス情報サイト
現場力を伸ばす先端IT活用の鉄則

最新SNSで「ほう・れん・そう」が陳腐化する日

安間裕
【第7回】 2012年4月11日
著者・コラム紹介バックナンバー
previous page
5

 情報は、「フロー(流れる情報)」と「ストック(蓄積される情報)」に大別されます。

 SNSがワークフローにとって代わるためのもう一つの課題は、このストック機能が弱く、「証跡を残す」ことが苦手ということです。でも、これも、機能的にさほど大きな課題ではなく、早晩、そういった課題を超越するSNSが出てくるのではと思っています。

 ちなみに、私の会社では、独自の社内SNSを自らの手で構築をし、こういった課題を解決するべく、シミュレーションを重ねています。

SNSで会社を「同じ思いを持つ集団」に

 意思決定のスピードや、生産性の向上に加え、SNSによる「思考のプロセスの共有」は、「考える経過」を共有する、つまり結果だけではなく「考える方向性」を共有することになるため、ディスカッションなどによって醸成される「意識の共有」と同様の効果があるのではないでしょうか。

 これは、会社を「同じ思いを持つ集団」に変えるという非常に大きな効果もあると思われます。

 「同じ思いを持つ集団」であることは、古今東西、エクセレント・カンパニーの重要な要素だと思います。

 皆さんも、「eメールやワークフローを無くすなんて考えられない!!」などと、はなから決めつけず、先端SNSの新たな活用を、検討されてみてはいかがでしょうか?

 次回は、「ロボットのもたらす新たなIT革命」について書いてみたいと思います。

 お楽しみに。
 

previous page
5
IT&ビジネス
クチコミ・コメント

facebookもチェック

現場力を伸ばす先端IT活用の鉄則

グローバル経済のなかで地盤沈下の進む日本。再びIT先進国として飛躍するためには、ITをビジネスの武器とする発想が必要だ。ビジネスは現場が肝心。現場の意思決定のスピードアップなど現場力向上に先端ITをどう生かしていけばよいか、IT業界のフロントランナーがわかりやすく解説する。

「現場力を伸ばす先端IT活用の鉄則」

⇒バックナンバー一覧